さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2012年04月14日

進撃の巨人7 巻

進撃の巨人は当初、人間の論理の通じない巨人との弱肉強食のサバイバルという趣であったが、物語が進むにつれて巨人が人為的な存在であることが浮かび上がる。第6巻のラストで、その謎を解く手掛かりが得られたかに見えたが、第7巻でひっくり返される。分かったことは敵勢力が想像以上に巨人を使いこなしていることだけであった。
巨人の謎解きは進まず、第7巻でも第6巻に続いて主人公エレンの決断をめぐる葛藤がメインテーマになる。第6巻では仲間を信頼することで好結果を得たが、第7巻では悲惨な結果をもたらした。唯一絶対の正解を出さないところに進撃の巨人の面白さがある。
尾田栄一郎のワンピースに代表される現代の少年漫画は主人公が信念を貫くことを何よりも大切にする傾向がある。ニュータイプとしての素養を持ちながら地球連邦という腐敗した体制の歯車になる機動戦士ガンダムのアムロ・レイのようなキャラクターは現代では流行らない。このこと自体は「長いものに巻かれろ」の日本社会において非常に好ましい傾向である。
一方で価値観の多様性に立脚しない信念は「俺の考えが唯一絶対」という幼稚でナイーブな独善に陥ってしまう。唯一の正解を簡単には出さず、キャラクターに葛藤を続けさせる進撃の巨人はメジャー作品に対抗する価値を提示する。
この巻ではミカサとリヴァイ兵士長の共闘も見物である。天才的な戦闘能力を有するミカサと人類最強と呼ばれるリヴァイの何れが強いか、気になるところである。今回はリヴァイが冷静さを保ち、経験の差を見せつけた。林田力
http://hayariki.net/
  

Posted by 林田力 at 14:56Comments(0)

2012年04月14日

吉祥寺

吉祥寺駅前です。吉祥寺は武蔵野市にあります。中央線と京王井の頭線が通っています。井の頭線の急行では次の駅は久我山になります。武蔵野市は東日本大震災後の計画停電の対象から外れ、批判と疑問の声が続出しました。区部や政令指定都市でも計画停電になっており、アンバランスです。市会議員の働きかけで計画停電対象から外されたとの批判も出ました。
http://hayariki.net/
東京都武蔵野市でも外環道は大きな問題である。武蔵野市では水道の七割を地下水に依存しており、地下水汚水問題を抱える。地下トンネルが帯水層を破り、地下水の枯渇や汚濁が心配。隣接する三鷹市の井の頭池も枯渇する恐れがある。地盤の隆起、陥没の危険もある。命や健康に直結する。
  

Posted by 林田力 at 13:01Comments(0)

2012年04月14日

トリコでグルメカジノ決着

トリコの最新刊でグルメカジノの対決が決着した。神経衰弱的なゲームの対決で、頭脳戦や心理戦の要素もある。この話が週刊少年ジャンプで連載されていた当時、「めだかボックス」でも神経衰弱的なゲーム対決が繰り広げられていた。また、キメラアントとの死闘が終わった「ハンターハンター」ではアルカの能力の謎解きという頭を使う内容になった。
少年マンガの王道はバトルであり、トリコは間違いなく王道作品であるが、他のジャンプ連載作品と重なって頭脳戦を展開したことは興味深い。
この巻の敵キャラクターは、いかにも悪役という外観である。ところが、戦いの後は、あっさりと「昨日の敵は今日の友」状態になり、物足りない。「昨日の敵は今日の友」は、かつての少年マンガでは定番の展開であった。攘夷を叫んだ幕末の志士が文明開化を主導し、鬼畜と罵った米国を戦後は世界で最も強固な同盟国と呼ぶ無節操で歴史性に欠ける日本人のメンタリティには合っている。
しかし、過酷なイジメなどの現実と直面する現代の子ども達にとって「昨日の敵は今日の友」展開はリアリティに欠ける。実際、圧倒的な人気を誇る尾田栄一郎「ワンピース」では敵キャラクターと仲間になるキャラクターでは最初から役回りが異なっている。ニコ・ロビンのように敵陣営に属していた仲間もいるが、本気で主人公達とは戦っていない。
その意味で、この巻の展開は安きに流れた嫌いがある。一方で料理人の才能への感動を改心の理由としており、グルメに価値をおく作品としては納得できる内容になっている。林田力
http://hayariki.net/
  

Posted by 林田力 at 11:24Comments(0)