さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2014年02月13日

二子玉川ライズ風害

二子玉川ライズ風害対策の説明会が世田谷区玉川支所で開催された。世田谷区側の対応は事業者(再開発組合、東急)に対応させるとの一辺倒であった。これは住民との折衝から変わらない姿勢で安心安全の街づくりを主体的に実現する姿勢が問われるものである。
専門家委員の説明によると二子玉川ライズ周辺はビル風被害の一級品とのことである。二子玉川ライズのビル風被害の大きさが再確認された。超高層ビルは各地に存在し、傘が破壊されるなどのビル風被害も珍しくない。この中で二子玉川ライズが大きな問題になっていることは不思議である。この説明として二子玉川は子どもや高齢者の生活する住宅街だからと考えられたが、高層マンションの林立する江東区豊洲などと比べても二子玉川ライズのビル風被害は異常である。
今回の説明では二子玉川ライズ・オフィスにぶつかって生じるビル風の影響が大きいとのことである。一方で二期ビル建設によるシミュレーション結果は二子玉川ライズ・オフィスほど大きな影響はないという。この二期ビルの影響は大きくないという点は住民の感覚に反し、検証が必要である。興味深い点は超高層ビルの二期ビルの影響は小さいとしながら、それより低層の二子玉川ライズ・オフィスの影響を大きいとしたことである。二子玉川ライズ・オフィスの風害対策は植栽などオーソドックスな対策では不十分で、道路に覆いをかけるような経済的にも技術的にもハードルの高い手法を対策として提示する。つまり、二子玉川ライズ・オフィスは、まともな風害対策では対応できないということである。二子玉川ライズ・オフィスは16階建てであり、相対的には決して高いビルではない。それが通常の風害対策では対処できないビル風被害をもたらしている。
  

Posted by 林田力 at 23:45Comments(0)

2014年02月13日

二子玉川ライズ強風問題

二子玉川ライズ強風対策プロジェクト説明会。
質問。2街区の風が強くならない理由を聞かせてください。
屋根を作ることと迂回路は危険がある。屋根を造ると住宅街に強風が来るのではないか。迂回路も実感では風が強い場所である。北西の風の場合は、横断歩道よりも強い風が吹く。
迂回路よりも新しい改札を作る。買い物はショッピングセンターに直接入れるアンダーパスを作ればいい。オークモールを抜けたところの風が強い。今後の検討をお願いしたい。
バスを待つ人も大変である。対策が必要である。
回答。横幅が広い方が吹き戻しが強い。一期と二期は角度が異なる。二子玉川ライズ・オフィスは幅がある。二期ビルはひょろ長いので下に行かず横に行く。
住民。マンションだって風が強い。

質疑応答。早めに対策した方がいいとの御説明は心強い。歩道橋を考えなかったのは何故か。
歩道橋や地下道という案が出たが、そこに至るところの風を弱くしないと遠くから渡さなくなる。迂回路と同じ考えでならばありうる。
多摩川の堤防をとった場合にもっと風が強くなるのではないか。
実際の風は波があるが、シミュレーションでは平均データを利用する。シミュレーションは平均的な絵である。実際は瞬間的に強くなることもある。
西陸こうのところで、ぶつかったところが弱くなり、離れると強くなるのは何故か。
対策は西陸こうから交通広場まで上に屋根をかけるということか。
多摩堤通りに屋根をかけるというイメージ。効率のよい屋根のかけ方で多くの場所をカバーする。
堤防は本堤防である。水害対策として機能している。そこを考えて検討してほしい。
我々はコストなどを度外視しており、実現時には議論が必要である。
世田谷区。事業者に強く要請していく。

世田谷区の取り組み。迂回路の整備を事業者に要請した。「遠回りになる」との参加者のザワザワした声が出る。「単に道を造るだけじゃないか」。注意喚起の補強を事業者に要請した。
  

Posted by 林田力 at 20:33Comments(0)

2014年02月13日

二子玉川ライズのビル風

二子玉川ライズ風対策検討プロジェクト検討状況説明会。
ひび委員。コンピュータシミュレーションの説明。コンピュータの性能向上によって様々な場面で使われるようになった。風洞実験が主流である。
二期を中心として半径600メートルで計算した。植栽は現在あるものと二期については事業者から提供されたCADのモデルに基づいた。シミュレーション結果は比較しながら精度を高める。
高い建物が建つことで風が強くなるところと弱くなるところがある。
南西の風が一期のビルに直角でぶつかる。
西の風は弱いとの説明に対して、住民は「そんなことはない」と呟いていた。

中村議長。西陸こうの風が最も強い。台風の時は風速30メートルを記録した。皆様には失礼であるが、強い風が観測できると嬉しい。コンピュータシミュレーションは観測結果と整合性を取る必要がある。
  

Posted by 林田力 at 19:46Comments(0)

2014年02月13日

二子玉川ライズ反対運動13

#東急 #世田谷区 #二子玉川 #Amazon #アマゾン #キンドル 世田谷区は二子玉川東地区風調査検討プロジェクト専門家会議検討状況説明会を2014年2月13日に玉川支所で開催した。委員の紹介。中村、ひび、藤井ら。事務局。下村。左藤。
二子玉川でビル風の問題が起こり、専門家が検討している。結論は出ていないが、きめこまかく現状を伝える会である。中間報告の位置付けである。
専門家会議の説明。設置目的、検討事項。七回の会議が開催された。
世田谷区担当者の話し方がモゴモゴしていたため、参加者から「声が聞こえない。マイクを使っているのだからはっきり言って」との苦情が出た。
林田力『二子玉川ライズ反対運動13』は東京都世田谷区玉川の再開発・二子玉川ライズへの住環境破壊や住民反対運動を取り上げたシリーズである。今回は武蔵小杉の再開発や鉄道建設で破壊される綱島温泉の問題を取り上げた。二子玉川ライズも武蔵小杉の再開発も綱島温泉の問題も一本の鎖でつながっている。
東急不動産だまし売り裁判や二子玉川ライズ訴訟での業者側証人の証言は信憑性がない。フォーベン・インラクス・アコバル。貪欲は正直を損なう。証人が、その証言によって利益を得るのであれば、その証言は審議の場で受け入れられない。東急リバブル東急不動産の悪評が千里を走るのに鳥の翼は不要である。東急不動産工作員は間違った情報と偏見で人の心が醜くなる一例である。
  

Posted by 林田力 at 19:08Comments(0)

2014年02月13日

翳深き谷

『翳深き谷』は修道女フィデルマシリーズの長編作品である。文庫本上下巻に分かれている。上巻はテンポが遅く、物語の行き先が分からない。テーマは猟奇的殺人事件か、宗教的対立か、政治的陰謀か。下巻に入って急展開する。フィデルマが殺人事件の容疑者として拘禁され、法律知識を持たない相棒の修道士エイダルフが事件を解決しなければならない。
この時代は暗黒の中世と呼ばれているが、物語で描かれる裁判手続きはしっかりとしている。現代日本よりも人権意識は高い面もある。裁判を担当するムルガルは国王の特使としてのフィデルマには敵意を示すが、裁判は公正に進める。この時代には司法権の独立はなく、裁判官は行政官が兼ねているが、問題は裁判官が裁判をする際に個人として独立しているかである。司法が独立していたとしても裁判官が最高裁の官僚機構に従属していたならば意味がない。司法の独立として何が本質的に重要かを気付かせてくれる。イングランドの侵略によってアイルランドの法文化が消滅したことは残念である。
フィデルマシリーズは七世紀アイルランドを舞台とした歴史ミステリーである。当時のアイルランドは外来宗教であるキリスト教を受容するようになったが、土着の信仰を守る地域も僅かにあった。そのような族長領グレン・ゲイシュが物語の舞台である。フィデルマは国王の特使として、グレン・ゲイシュに教会を建てる折衝をするために赴き、そこで事件に巻き込まれる。
主人公フィデルマは弁護士の資格を有しており、怪事件を解決する。弁護士と言っても現代日本では検察官に近い。
興味深い点はアイルランド人の入浴習慣である。アイルランド人は毎日入浴する(121頁)。ヨーロッパでは珍しい。ヨーロッパでは近世に入っても上流階級でも風呂に入らず、体臭を消すために香水が発達したほどである。様々な民族のひしめくヨーロッパの多様性を再確認した。
  

Posted by 林田力 at 00:07Comments(0)

2014年02月12日

ブラック介護問題、都政でできることは

都政わいわい勉強会in東部地区実行委員会は「都政わいわい勉強会in東部地区:貧困問題その3 ブラック介護問題、都政でできることは」を2014年2月4日に東京都江東区亀戸のカメリアホールで開催した。
都政わいわい勉強会in東部地区実行委員会は貧困問題をテーマに活動している。最初に貧困ビジネスを取り上げた。介護施設も貧困ビジネスと変わらないものがある。狭い部屋に大勢の高齢者を詰め込み、ただ寝かせるだけにしている。ケアと呼べるようなサービスは何一つ提供しない。死亡した高齢者に口はない。
次に社会問題になっているブラック企業の派生型として若年層向けのブラックバイトを取り上げた。次回は高齢者向けのブラック介護を取り上げる計画であったが、東京都知事選挙が行われるということで都知事選挙候補者の政策を検証する勉強会とした。脱原発だけが東京都知事選挙の争点ではない。医療・介護・福祉への有権者の関心は高い。

【書名】ブラック介護問題、都政でできることは/ブラックカイゴモンダイトセイデデキルコトハ/What can Tokyo do to evil care?
【著者】都政わいわい勉強会in東部地区実行委員会/トセイワイワイベンキョウカイイントウブチクジッコウイインカイ/Executive Committee of Open-hearted Study Meeting in Eastern Tokyo on Metropolitan Politics
【既刊】『都政わいわい勉強会in東部地区』『貧困ビジネスを考える』『ブラック企業・ワーキングプアを考える』

ブラック介護問題、都政でできることは
集会レポート
東京都知事選主要候補の介護政策
東京都知事選挙全候補者ブラック介護政策比較
江東区のブラック企業・ブラック介護
http://hayariki.net/tosei/kaigo2.html
Amazon.co.jp: ブラック介護問題、都政でできることは eBook: 都政わいわい勉強会in東部地区実行委員会, 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ICZ9A4C
Amazon.com: What can Tokyo do to evil care (Japanese Edition) eBook: Executive Committee of Open-hearted Study Meeting in Eastern Tokyo on Metropolitan Politics, Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00ICZ9A4C


  

Posted by 林田力 at 23:44Comments(0)

2014年02月11日

林田力・ブラック東京都政にNO

#東急 #東急不動産だまし売り裁判 #林田力 林田力『ブラック都政にNO』はブラック都政からの転換という立場から東京都知事選挙についての論考をまとめた電子書籍である。ブラック都政からホワイト都政に。
林田力は東急不動産消費者契約法違反訴訟(東急不動産だまし売り裁判)原告である。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は、しばしば真実を変容させて消費者を誤らせる。マンションだまし売り営業の心の視野は狭い。威張りかえった愚か者である。
  

Posted by 林田力 at 14:34Comments(0)

2014年02月09日

東京都知事選挙

個人的には細川問題は障害にならなかった。東急不動産だまし売り裁判を出発点とする私にとって原発だけしか考えないという立場は最も忌み嫌うところである。

東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り裁判の深刻さを理解できないばかりか、見てとることすら出来なかった。だまし売り営業の衣服は全然、体に合っていなかった。まるで誰かの服を間違って着てしまったかに見える。
  

Posted by 林田力 at 22:26Comments(0)

2014年02月09日

宇都宮けんじ事務所

#東京都知事選 宇都宮けんじ。次点になった理由は市民の力である。ボランティアの数が前回よりも多い。政党や労働組合の連携ができた。
差別化が十分できなかった。政策では差別化しているつもりであるが、有権者に届かなかった。同じ福祉を言っても、ますぞえさんの福祉とは違う。クロストークがあれば違いを伝えられた。市民の皆さんとの対話集会を、ますぞえさんもやってほしい。

これまでの市民運動は政治との間に壁があった。それが乗り越えられた。
雇用、住まい、暮らしは切実な要望がある。石原猪瀬都政は応えてこなかった。都民の声を聞いてほしい。避難者のところに足を運んで実態を確認してほしい。猪瀬さんの金の問題も追及してほしい。
当選できなかったことは残念。市民運動の延長線上での選挙であり、運動を続けていく。大きく前進したと感じている。インターネットは政策を伝える上で重要。様々な政治課題を無視して原発だけで一本化はできない。知名度勝負は邪道である。メディアの皆様も考えてほしい。候補者の政策を伝えることはメディアの使命である。公開討論会を開催すべきである。
政策が届かなかった理由を聞かれたが、公開討論会が十分に開催されなかった。残念なことに雪で投票率が低かった。運動は、これで終わりではない。もっと運動を広げる。前回と比べると飛躍的に運動は広がった。確実に前進した。皆さんと一緒に続けていく。そこにしか勝機はない。応援者には著名人は少なく、福島原発事故やサラ金やサリン事件など被害者の切実な訴えがあった。自信を持っていい。引き続き運動を継続する。
中山選対本部長。これで終わりではない。秘密保護法の問題などを訴えた。他の候補者は訴えなかった。東京大空襲は一晩で十万人が死亡し、百万人が被災した。それを新聞は報道しなかった。基本政策を実現するために運動を続ける。
高田健。細川小泉連合が圧勝と言っていた。私達は市民運動でやっている。どこかから有名人が天下りするのではない。力足りなかったが、終わりではない。これが最後のチャンスは年配者の悪い癖である。次の世代につなげる。
  

Posted by 林田力 at 21:57Comments(0)

2014年02月09日

東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売り裁判は心に留め置かれるべき問題である(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。東急不動産だまし売り裁判原告は明言する。東急リバブル東急不動産で買ってはいけないと。
東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産の傲慢と貪欲がもたらしたものである。東急リバブル東急不動産には邪悪なものがはびこっている。東急リバブル東急不動産には行儀の悪い人間や嫉妬深い人間、見せかけだけの人間がいる。東急リバブル東急不動産は、まるで地獄の悪魔の合唱隊である。東急不動産だまし売りマンションに住み続けることは墓地への確かな近道に他ならない。東急不動産だまし売り裁判での東急不動産営業・関口冬樹と東急不動産代理人・井口寛二の息の合った問答の場は珍妙な光景であった。東急不動産だまし売り裁判原告は茶番劇を見せられている気がしたが、法廷内の空気も同じであった。原告代理人だけでなく、裁判官も東急不動産の欺瞞を見逃さなかった。
  

Posted by 林田力 at 10:20Comments(0)

2014年02月08日

宇都宮けんじ東部勝手連

#宇都宮けんじ #江東区 #亀戸 亀戸駅北口街頭活動。ブラック企業と闘う宇都宮けんじ。住まいの貧困に取り組む宇都宮けんじ。反貧困の宇都宮けんじ。宇都宮けんじはブラック企業規制条例を制定する。宇都宮けんじは貧困ビジネスを規制する。
宇都宮けんじは闇金融やヤクザ、ゼロゼロ物件業者と闘ってきた。悪徳業者から「ぶっ殺すぞ」と脅されても毅然として闘ってきた。私達がなすべきことは、私達の目の前に立ちはだかるブラック企業らに立ち向かい、勝利することである。
  

Posted by 林田力 at 16:30Comments(0)

2014年02月05日

林田力・ブラック企業

#ブラック企業 #ブラック士業 林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた電子書籍である。ブラック企業が雇用を支えているとの主張があるが、暴論である。ブラック企業によって、どれだけの人が過労死や自殺、鬱病に追い込まれたことか。
ブラック企業は悪事をさらに増大させる元凶である。もし全ての企業がブラック企業になったら、社会には何の平穏もない。神は人間に自由意思を授けられた。その自由意思でもって、人々が忌まわしいブラック企業・ブラック士業への嫌悪を表現することも神は許してくださる。ブラック企業の幹部には現場を知っている人間がいない。物事にはやり方の汎用ルールがあり、それに従ってやれば万事うまく行くと思っている。
http://hayariki.net/tokyu/
  

Posted by 林田力 at 19:49Comments(0)

2014年02月03日

サイン会の死

『サイン会の死』は本屋の町を舞台にしたミステリーのシリーズの二作目である。ミステリー専門書店の女性店主が主人公である。人気作家のサイン会で当の人気作家が殺害される。素人探偵が事件を解決する展開はミステリーの王道である。本書は警察(保安官)が主人公に敵意を持ち、非協力的な中で推理しなければならない。警察が素人探偵に捜査情報を教えるなど便宜を図る作品に比べて、リアリティーがある。
しかも店舗が殺人現場になったために主人公の店は警察の捜査のために閉店を余儀なくされる。事件に巻き込まれたために経済的打撃を受ける点にもリアリティーがある。生活上の課題をこなす中での素人探偵の活動であり、捜査は中々進まない。後半は、かなり予想できるようになってくるが、最後の最後で読者は主人公ともども裏切られる。
エンターテイメント色の強い作品であるが、雇い主が健康保険を提供しなければ従業員は病院で治療を受けることも躊躇するアメリカの社会保障の貧困も描かれる。問題点があるにしても、日本の健康保険制度の価値を改めて実感する。
  

Posted by 林田力 at 17:49Comments(0)

2014年02月01日

宇都宮けんじ江東区

#東京都知事選 #江東区 #宇都宮けんじ #都知事選 宇都宮けんじが辰巳団地で個人演説会。ブラック企業規制条例を制定する。巨額の費用を使って負債だけが残る東京オリンピックにしてはならない。カヌー競技場の代替地はいくらでもある。小山ひろゆき。次に都知事になる方は安心して都政を任せられる方にしたい。
宇都宮けんじが大島六丁目団地で個人演説会。元教員の中村さんが応援演説。老人医療の現実を語る。福嶋みずほ。お任せ民主主義を変えていこう。
宇都宮けんじが江戸川区で演説。戦争になれば真っ先に犠牲になるのは若者である。
  

Posted by 林田力 at 14:18Comments(0)