さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2014年07月31日

ブランズ小竹向原と江東区越中島

死亡事故が起きた東急不動産の分譲マンション「ブランズ小竹向原」と住環境破壊が問題になっている福山通運トラックターミナル(江東区越中島)は共通点がある。共に五洋建設が施工していることである。
五洋建設は福山通運トラックターミナル建設現場で危険物質の生石灰を飛散させる事故を起こした。恐ろしいことに五洋建設は「石灰混合系の地盤改良材を納入予定でしたが、手違いにより、石灰系個化剤が納入されていたことに気付かず、5月21日(水)の飛散に至りました」と質問状に回答する。この回答に基づけば五洋建設は現場に何が必要なのか知識がなく、チェック機能もないことになる。欠陥マンション問題は質の悪いコンクリートが使われたことが原因のものも多い。そのような欠陥施工は五洋建設のような施工会社では防げない。ブランズ小竹向原の施工品質も心配になる話である。
福山通運による環境破壊から住民を守る会は「五洋建設にないのは、誠意だけでなく、現場管理能力、技術力もないことがはっきりした」と指摘する。そして「五洋建設(株)はズサンな工事による近隣住民への被害を止めろ」と訴える。
守る会は飯田橋の五洋建設本社前に宣伝カーで抗議活動も行った。宣伝カーには「五洋建設よ、土壌汚染による悪臭止めて」と書かれた看板も掲げられた。
ブランズ小竹向原建設現場(東京都板橋区小茂根2)で2009年6月3日にクレーンが転倒し、作業員二人が下敷きになった。一人が死亡し、別の一人が腕の骨を折る重傷を負った。東京電力によると、倒れたクレーンが電線に接触し板橋区、北区、豊島区で一時2900世帯が停電になった。安全よりも目先の利益を優先する企業体質が問題である。
  

Posted by 林田力 at 01:15Comments(0)

2014年07月30日

希望のまち東京イン東部書籍

希望のまち東京イン東部の資料(バインダー、キングファイル)一覧です。
対話の会in足立1〜4回、5〜8回、9〜12回、13回以降
新聞記事スクラップ全28冊、平成23年7月7日以降
討論レジュメ
都政・区政
チラシ・ビラ他
宇都宮けんじ・都政
原発国民投票記事・他
特集
ガレキ・FoEジャパン・たんぽぽ舎
緑の党1、2
チラシ・ビラ
裁判
二子玉川問題
江東区政
開発問題
都議・政党
プロメテウスの罠・東電コスト

東京都江東区東陽の希望のまち東京イン東部事務所に新しい書籍が入りました。
朝日小学生新聞『クジラQ&Aブック』
朝日中学生ウィークリー『もっと知りたいクジラブック』
財団法人日本鯨類研究所『捕鯨問題の真実』
財団法人日本鯨類研究所『クジラの調査はなぜやるの?』
安全保障と危機管理15号、17号
  

Posted by 林田力 at 13:46Comments(0)

2014年07月30日

林田力・ブランズ市川真間写真

林田力『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』(アマゾンKindle)はブランズ市川真間とブランズ市川真間2による住まいの貧困を取り上げる。住民反対運動の旗の写真が表紙である。
ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住民の日常生活をかき乱す。紅茶を飲む間も、麦茶を飲む間も、コーヒーを飲む間も、ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住民の上に重くのしかかる。空気そのものが汚染される感覚になる。
ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は常識スレスレではなく、非常識である。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2にNOである。
  

Posted by 林田力 at 00:13Comments(0)

2014年07月28日

林田力・東急だまし売りはスレスレに非ず

東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は恐ろしく危険である。至るところで災難が待ち構えている。東急不動産マンションでは四方から壁が迫ってきているように感じられる。
林田力は東急リバブル東急不動産に誇りと尊厳を傷つけられた。東急リバブル東急不動産営業は友好的ではない。消費者保護という業務上必要な知識の欠如は恥ずかしくないのか。東急リバブル東急不動産の冷酷さには身の毛がよだつ。ブラック企業には呪文をかけられたようなカルト的な雰囲気がある。
東急不動産だまし売りは違法スレスレではなく、消費者契約法違反である。東急不動産だまし売りは住まいの貧困を生み出す。東急不動産だまし売りにNOである。東急不動産だまし売りを断じて許す訳にはいかない。再発防止のためにも原因と責任の追及は不可欠である。デベロッパー優先の思想がまかり通るならば消費者の権利は守られない。
  

Posted by 林田力 at 17:34Comments(0)

2014年07月27日

ブラック労組

#ブラック企業 新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟勝利決起集会が7月27日(日)に足立区綾瀬の足立勤労福祉会館2階大ホールで開催された。新運転は労働組合の看板を掲げた手配師との声も出た。集会宣言は「事故防の金を財源に、組合専従の賃金、手当てなどの経費援助、業界役員との飲み食い、スト破りの軍資金、業者が負担すべき事故費などにあて、労使癒着構造を38年間続けてきた」と批判する。

支える会には東部労組や公共清掃労組、東京清掃労組らのメンバーも名前を連ねている。
東京清掃労組の染裕之書記長。非正規労働者の問題を軽視していたことが今日の資本のやりたい放題にした。パートのおばちゃんの問題でしょ。民間の問題でしょ。このような発想が断絶を生み出した。自らの問題として取り組む。
東部労組の須田書記長。非正規労働者が増えている。新運転の労働者は非正規労働者の無権利状態を体現している。私達は一体となって取り組む。
公共清掃労組。組合幹部だけが利益を得ている新運転は労働組合ではない。会場から「そうだ」との声が出た。
葛飾区労協の三浦徹也議長。地域がどうやって支えていくかを考えていきたい。大先輩の取り組みに学びたい。本当の労働組合は何かを見せる闘いである。
眞壁とし子・キヤノン電子・キヤノン電子労働組合損害賠償請求訴訟原告から連帯の挨拶。労働組合の問題として共通する。行政が所管の責任を放棄している点も共通する。組織や団体を越えた労働者の団結が不可欠である。
海員組合のタケナカ氏も組合と裁判している。我々の組合は酷いと思っていたが、新運転はもっと酷い。
集会は団結頑張ろう、の掛け声で締められた。林田力
  

Posted by 林田力 at 15:58Comments(0)

2014年07月27日

新運転事故防ピンハネ返せ訴訟

新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟勝利決起集会が7月27日(日)に足立区綾瀬の足立勤労福祉会館2階大ホール(綾瀬プルミエ内)で開催された。ブラック企業が社会問題になっているが、ブラック労組と言うべき問題である。
原告団代表挨拶。組合執行部は敗訴判決にも関わらず、組合内部の問題として治外法権的な発想である。労働者は自分の都合で休むこともできない。

大口昭彦弁護士。新運転東京は産業別労組として生まれたが、資本に都合のいい組合に変質した。労使の癒着が諸悪の根源である。労働者供給事業の闇に真っ向からメスを入れる。
萩尾健太弁護士。裁判には勝ったが、組合の体制は変わっていない。労働条件の是正もなされていない。根本的な問題を追及しなければならない。
労働組合は例外的に労働者供給事業が認められているが、事故防のような形で癒着することは法が禁止する中間搾取そのものである。一般社団法人労働福祉事故防止協議会への拠出金は中間搾取であり、不当利得として返還を請求する。合わせて精神的損害に対して損害賠償を請求する。

新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟を支える会の結成を報告した。各争議団や現場労動者からの発言もなされた。
  

Posted by 林田力 at 14:36Comments(0)

2014年07月27日

林田力・ブランズ市川真間写真

#東急不動産 林田力『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』(Amazonキンドル)の表紙は反対運動の写真である。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住環境を破壊する。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住まいの貧困を生み出す。住まいは人権である。東急不動産は住民の人権を奪っている。住環境を破壊する東急不動産の不誠実には敏感にならなければならない。東急不動産の強硬な姿勢を見ると、人間は何一つ進歩していないのではないかと不安になる。
東急不動産の説明に対して聴衆は一様に嫌悪か退屈か不服かの表情を浮かべていた。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は常識スレスレではなく、非常識である。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2にNOである。住まいは生活の場であり、東急不動産が考えているような単なる商品ではない。
  

Posted by 林田力 at 13:51Comments(0)

2014年07月26日

江東区東陽で青年学習講座3

宇都宮けんじ氏の講演会が東京都江東区東陽で開催された。
権利ばかり主張して義務を果たしていないと言われるが、権利の行使をほとんどしていない。ブラック企業のシンポジウムに唯一の候補者として参加した。毎日殴られるブラック企業にいたという被害者がいた。闘う武器や知識が与えられていない。日本は抽象的なことばかりで役に立たない。
平和教育は戦争の残虐さを教えるべきである。自虐史観攻撃によって事実と向き合わないようにした。ドイツは徹底的に教育している。ワイツゼッカー大統領は荒野の四十年という演説をした。指導者が国民に模範を示している。

質問。メディアの影響が大きい。メディアの右傾化している。
回答。日本はドイツと異なる歩みをたどっている。日本は戦争責任者の追及が不十分である。ドイツはナチスの追及を続けている。ドイツはナチス時代の新聞を全て廃刊している。日本は新聞が戦争を煽った。その新聞が今も続いている。最近では平気でメディア経営者が安倍首相と会食している。海外では大問題になる。メディアで働く労働組合の意識の問題がある。
質問。天皇の戦争責任について。
回答。責任者として責任が大きいと考えている。
  

Posted by 林田力 at 20:23Comments(0)

2014年07月26日

江東区東陽で青年学習講座

宇都宮けんじ氏の講演会が東京都江東区東陽で開催された。
安倍政権の良いところは憲法への国民の関心を高めたことである。

意外と自衛隊員が集団的自衛権に反対しているのではないか。戦死者が出れば自衛官の募集が難しくなる。徴兵制復活の懸念もある。自衛隊のあり方が大きく変わる。
普通は懇談会の人選に多様な考えの人を含めるが、安倍首相は仲間だけを入れる。秘密保護法は集団的自衛権と一体の施策である。軍事情報の米軍との共有を進める。防衛大綱では敵基地攻撃能力を保有するようになっている。
もともと法律で集団的自衛権を認めようとしたが、それすらもせず、閣議決定で決めた。これは独裁的な手法である。明白な危険があるかないかは時の政権が決めることになる。
関連法案は統一地方選挙後に回される可能性がある。日米防衛協力のためのガイドライン改定の問題がある。統一地方選挙で集団的自衛権行使に反対する勢力を前進させることが重要である。闘いはこれからである。
  

Posted by 林田力 at 19:36Comments(0)

2014年07月26日

江東区東陽で青年学習講座

宇都宮けんじの講演会が江東区東陽で開催された。司会は赤羽目江東区議である。
国民が合意すれば天皇制を廃止できる。憲法改正手続きで天皇制を廃止できると考える。国民主権を基本原理としながら、第一章に天皇規定があることも本来おかしい。

休みの日に何をすることが好きか。
土日は講演が多い。純然たる休みは原稿を書いている。卓球をやっていた。暇があれば本を読んでいる。藤沢周平の小説が好き。江戸川の小岩に住んでいたが、結婚後に亀戸に住むようになった。緑の中で散歩することが好きで、猿江公園で散歩している。緑は、ほっとする。昼食は、そばを食べることが多かった。行きつけの蕎麦屋が閉店したため、コンビニで、おにぎりと牛乳を買っている。『弁護士冥利』はグレーゾーン金利撤廃の法改正が実現したことを区切りとして書いた。都知事選挙の裏側などを書いた書籍を刊行予定である。
  

Posted by 林田力 at 19:03Comments(0)

2014年07月26日

市民の声江東区政報告会2

市民の声江東区政報告会が東大島で開催された。前田かおる前議員報告。
社会福祉法人あそか会で前常務理事が入札をせずに親族会社に仕事を回していた。社会福祉法人が金儲けに使われることが増えている。
江東区の給食放射能検査は学校給食は月四回実施するが、保育園は牛乳のみ。署名を集めている。

都議会セクハラ暴言は議会が男性中心であることが問題である。国会議員の女性割合も世界的に見て低い。日本の風土では片付けられない問題である。選挙制度にも問題がある。クォーター制を取り入れた国では女性議員の割合が上昇している。小選挙区制も女性議員増加を妨げている。女性が出やすいような制度設計が必要である。
暴言議員は議会でまともに働いていない。議会で暇をしているから、他の人へのチョッカイに熱心になる。議員報酬を下げたら男性の候補者が減った自治体がある。高すぎる報酬も男性議員への偏りを招く。
江東区は選挙管理委員や教育委員が女性ゼロである。
  

Posted by 林田力 at 14:10Comments(0)

2014年07月26日

市民の声江東区政報告会

市民の声江東区政報告会が東大島で開催された。
中村まさ子議員。オリンピックは区長が盛り上がっているが、職員はクールである。駆り出されるのではないかとの思いもある。江東区の競技場が減る可能性がある。
江東区の歳出で最大は扶助費である。これは社会保障関係で、保育関係が増えている。物件費は民間委託の費用である。公債費は借金の返済で、これは少ない。健全財政と言える。
今年度の重点事業として、避難行動要支援者名簿を作成する。北砂で不燃化を促進する。個人の私有財産との兼ね合いが難しい。
  

Posted by 林田力 at 13:25Comments(0)

2014年07月25日

希望のまち東京イン東部市民カフェ

#江東区 希望のまち東京イン東部は市民カフェを江東区東陽で開催した。介護は切実な問題である。ここではブラック介護の勉強会も開催している。
都知事選で、桝添氏の当選理由も介護だろう。介護の桝添は胡散臭いが細川候補の公約と比べれば優れている。連合が桝添氏を支持したことも合理的である。安定労働者にとって関心事は介護問題である。
活動内容の軸を作る。議論ばかりでは仕方ない。市民運動家の中でパイの奪い合いをしても仕方がない。勉強会に来るような層は既に他所の勉強会に参加している。私達が啓発しなくてもいい。
ニュースを作って配布する。シール投票の結果を報告し、活動場所の亀戸十三間通り商店街を紹介する。タイトルは希望通信にする。
  

Posted by 林田力 at 01:08Comments(0)

2014年07月24日

希望のまち東京イン東部市民カフェ

希望のまち東京イン東部は市民カフェを江東区東陽で開催した。空き家活用は独創的である。シェアハウスにするというアイデアはいい。
無関心層に働きかけることが使命でないか。スタイリッシュなチラシを作らないか。築地フリーペーパーは面白い。商店街紹介も付け加える。行きたいと思わせる。商店街復興を取り組みたい。
集団的自衛権のシール投票は、むしろ賛成意見を聞きたい。一つの考えを広めるよりも自分で考える人を増やしたい。シール投票自体は反対の押し付けではなく、ニュートラルにやることがいいのではないか。
隣国の脅威を言うならば、まずアメリカに占領されている現実を見るべきではないか。戦後レジームを打破するならば地位協定を何とかすべきである。
原発立地自治体の補助金漬けは麻薬中毒と同じである。禁断症状が出るとしても補助金を断つしかない。リニアモーターカーの立地自治体も同じことが起きている。
徳洲会は権力を持ちすぎて切られた。猪瀬氏よりも安倍首相に金が流れていないか調べた方が面白いのではないかと新聞社に電話した。
ネット右翼は右翼に対して失礼である。ポリシーも何もない。
  

Posted by 林田力 at 21:51Comments(0)

2014年07月24日

希望のまち東京イン東部市民カフェ

希望のまち東京イン東部は市民カフェを江東区東陽で開催した。
集団的自衛権はアメリカの指揮の下で自衛隊が使われることになる。
アジアのポリスを狙っている。
北朝鮮と日本の動きがおかしい。あまりにも交渉に積極的である。パイプができているのではないか。小泉政権以来のパイプがあるのではないか。北朝鮮のミサイルが日本国内に着弾するという出来レースが起きて、自衛隊が反撃するようなことが起きるのではないか。
アメリカにも日本と中国を戦争させて武器を販売しようとしている勢力があるのではないか。逆に中国を市場として重視している勢力もあるのではないか。
イスラエルのガザ攻撃は非道である。救急車を攻撃することは非人道的である。イスラエルの戦争犯罪の報道が抑制され過ぎている。ハマスの正当性を認めていないことが問題ではないか。
  

Posted by 林田力 at 20:58Comments(0)

2014年07月24日

江東区聞かせてあなたのオリンピック

江東区は「聞かせてあなたのオリンピック・パラリンピック」を開催した。
山崎江東区長。六年後の今日が東京オリンピックの開会式である。江東区中心のオリンピックとして江東区が一丸となって盛り上がらなければならない。行政だけではできない。皆さんの素晴らしい感性を受け止めて素晴らしいオリンピックにしたい。参与をしており、いい意見はどんどん伝えられる立場である。私はロープウェイを提言したが、これも一つのアイデアである。いろいろな夢を語り合うことが大切である。思いきった意見を述べて欲しい。皆でオリンピックを楽しもう。
区議会議長。今日は区議会議員も参加している。議員は、普段は喋ることが仕事であるが、今日は聞き役に徹する。この時期に開会式を開催すると多くの人々が熱中症で倒れてしまうのではないか。オリンピックには様々な課題がある。
私のグループでは以下のような意見が出た。
南北公共交通を整備して欲しい。地下鉄が難しけろば、モノレールはできないか。
ワールドカップでのサポーターのゴミ拾いが美談になったが、持ち帰りたくなるようなゴミ袋を配布してゴミを持ち帰ってもらうようにする。
福祉を充実して欲しい。障害者を邪魔物扱いするような意識では世界に対して恥をかく。
長野に住んでいたが、長野オリンピックの後始末で税金が高いままである。生活者のことも考えて欲しい。
やはり暑さが心配である。建物の外壁を工夫できないか。
  

Posted by 林田力 at 19:42Comments(0)

2014年07月24日

林田力書評タイタス・アウェイクス

『タイタス・アウェイクス』(創元推理文庫、2014年)はタイタス・グローンというアウトサイダーの放浪の旅を描いた書籍である。タイタスは傍観者として社会に接している。一つの場所にとどまることができない。家族を置き去りにして一人で放浪の旅に出るという冷たさを持っている。タイタスは「ひとりの個人は、どんな社会組織よりも重要」との信念を抱いている(207頁)。そのために社会組織に束縛されずにスナフキン的な放浪生活を送る。基本的にタイタスは受動的であるが、後半に入ると人助けに積極的になる。そして結末は非常に予定調和的である。一方で序盤に登場した人物の視点に立つと、「終わりよければすべてよし」というナイーブな発言はとてもできない。回り道して自分探しすることは勝手であるが、それに振り回される側はたまったものではない。
本書はマーヴィン・ピークのゴーメンガースト三部作の続編として書かれたものである。もともとピークには第四部の構想があったとされ、彼亡き後に妻のギルモアが本書を書き上げたという。林田力
  

Posted by 林田力 at 18:18Comments(0)

2014年07月23日

二子玉川ライズ写真

林田力『二子玉川ライズ反対運動7』(Amazonキンドル)の表紙は二子玉川RIZEに抗議する住民運動の写真である。二子玉川ライズは常識スレスレではなく、非常識である。二子玉川ライズにNOである。世田谷区玉川に何故、超高層ビルを建設するのか、筋の通る説明は東急電鉄からも東急不動産からも再開発組合からもなされなかった。二子玉川ライズ反対運動には東急電鉄・東急不動産の内面を奥深くまで探りとろうとするような知性がある。
二子玉川ライズのファーストフード店の悪臭は胸が悪くなるような重たさである。すっかり薄暗くなり、二子玉川ライズの超高層マンションにはポツポツと灯りが点き始め、その恐ろしげな圧迫感を和らげるどころか、なおのこと強調していた。二子玉川ライズに未来があるとは思えない。
東急不動産営業は世田谷区玉川の住環境にも、そこにどのような人々が居住しているかにも関心がないようであった。東急不動産営業は相手をくつろがせようとは全く思っていない顔をしていた。いかに小さな領域であろうと、そこでの権力行使を楽しむ偏狭な性質がある。ブラック企業では正気と狂気の境界線は定め難い。
  

Posted by 林田力 at 12:26Comments(0)

2014年07月21日

林田力・東急ハンズ過労死はスレスレに非ず

東急ハンズ過労死は違法スレスレではなく、安全配慮義務違反である。東急ハンズ過労死は常識スレスレではなく、非常識である。林田力『東急ハンズ過労死』(Amazonキンドル)の表紙は過労死が起きた心斎橋店の写真である。
東急ハンズ過労死は早い話が労働者を酷使して殺しただけのことである。女工哀史と同じ世界である。奴隷以下の扱いである。囚人でも死なすことはない。人の生き血をすするブラック企業である。ブラック企業では黒が白と言いくるめられる。東急ハンズ過労死は体育会系が巣食った帰結である。
  

Posted by 林田力 at 14:14Comments(0)

2014年07月21日

日本と韓国の小学生がツバメ調査

日本と韓国の小学生がツバメ調査
ツバメフォーラムinいしかわ 
日本と韓国の小学生が、自国のツバメ調査について事例発表を行い、日本(石川県)、韓国(慶尚南道)それぞれで作成された「ツバメの歌」を合唱する。
日 時:7月27日(日)14:15〜15:30
場 所:石川県立音楽堂コンサートホール(石川県金沢市昭和町20-1)
           JR「金沢駅」東口徒歩1分
参加費:無料
主 催:石川県健民運動推進本部
  

Posted by 林田力 at 10:33Comments(0)