さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2015年05月31日

ガーラ木場迷惑電話

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
迷惑電話のエフ・ジェー・ネクストは消費者の怒りが見えていない。木も森も見ていない。マンション投資収入の試算書の中身は、どうとでも書ける。最低の家賃下げ率になった場合のものを提出させなければ意味がない。
多くのマンション投資の失敗を見てきた。あっという間に破綻した投資家がいた。ゆっくりと破綻していった投資家もいた。そして、いつも破綻している投資家も。
  

Posted by 林田力 at 21:31Comments(0)

2015年05月31日

ガーラ木場勧誘電話

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
エフ・ジェー・ネクストの迷惑勧誘電話はストーカー並の悪質さである。ガーラ・プレシャス木場などの物件があるが、投資用マンションである。勧誘電話は毎度毎度皆の迷惑である。調べれば調べるほどエフ・ジェー・ネクストの被害が出てくる。エフ・ジェー・ネクストへの怒りは最低限の品位を守ることすら難しくする。
エフ・ジェー・ネクストの電話には「迷惑なので二度と電話するな」と伝えよう。「失礼します」と言って電話を切るところ、「失礼です」と言って切ったことがある。
家賃保証の説明にだまされてはならない。たとえば30年一括借り上げ、家賃見直しは10年後という話がある。30年家賃が変わらないとは言ってない。しかしほとんど下がらないというシミュレーションを出してくる。
  

Posted by 林田力 at 14:51Comments(0)

2015年05月31日

医療・介護従事者のための死生学》夏季セミナー

医療・介護従事者のための死生学》夏季セミナー
================================================================
◆日時:2015年8月1日(土)午前9時半〜午後5時(受付開始:午前9時)

◆会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室

◆定員:150名 参加費:無料

◆参加登録受付開始:2015年7月2日(木)
定員に達し次第、締め切ります。
参加登録については、改めてお知らせします。受付開始前の申込みは受け付けられませんので、どうぞご注意ください。

◆プログラム(予定)
9:30〜9:40 開会挨拶、オリエンテーション

9:40〜11:00 臨床死生学コア(臨床死生学トピック*1) 清水哲郎
「エンドオブライフ・ケアの死生学」
10分休憩

11:10〜12:10 臨床死生学トピック 会田薫子
「フレイルの知見を臨床に活かす ― 高齢者医療とケアの新たな視点」

昼休憩

13:10〜14:30 死生学コア(死生学トピック*2) 池澤 優
「死生学と死生観― 《死者性》 の視点から」

20分 休憩・交流会

14:50〜15:50 死生学トピック 堀江宗正
「死に関する表現──言語と宗教」

10分休憩

16:00〜17:00 臨床死生学トピック 榊原哲也
「患者をトータルにみるということ ― 現象学的視点から」

17:00 閉会挨拶

*1、*2 これまでに死生学コア/臨床死生学コアを受講して、すでにコアの単位をとって
いる場合には、今回のコア講義はトピックの単位として認められます。

☆《医療・介護従事者のための死生学》基礎コースについては、次のウェブサイトを
ご参照ください:
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/dls/ja/seminar.html
  

Posted by 林田力 at 10:24Comments(0)

2015年05月31日

FJネクスト迷惑電話はストーカー

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
エフ・ジェー・ネクストの迷惑勧誘電話はストーカー並の悪質さである。ガーラ・プレシャス木場などの物件があるが、投資用マンションである。エフ・ジェー・ネクストには不快でイライラする記憶しか残らない。悪意に満ちた勧誘電話を延々と続けることで何かを実現した気になっているのか。エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話に対応するならば未来を諦めた囚人になる。目を瞑ったところで、一方的な勧誘が聴覚をいたぶるだけである。マンション建設工事現場は暑い、息苦しい、臭い、目が回る。
  

Posted by 林田力 at 00:29Comments(0)

2015年05月30日

エフ・ジェー・ネクスト迷惑電話

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
エフ・ジェー・ネクスト不買運動は毎日を明るくする。ちょっとしたことの積み重ねであったが、気付けば人生が豊かになったとの確信さえ生まれた。何でもない日々もキラキラ瞬くようになる。
エフ・ジェー・ネクストの投資用マンション勧誘電話は悪名高い。エフ・ジェー・ネクストにはガーラ・プレシャス木場などの物件があるが、普通の分譲マンションではなく、投資用マンションである。
投資用マンションは方向性が絶望的に間違っている。ワンルームマンションは危険ドラッグ販売拠点など風紀・風俗を乱す危険がある。危険ドラッグ販売拠点は腐敗を思わせる、吐き気を誘う臭いがする。
悪質な勧誘電話に対して、煮えたぎる感情で額が、頬が、耳が、そして全身が熱湯を浴びたように熱くなる。エフ・ジェー・ネクストそのものが巨大な悪意の渦であるかに思われる。
エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話に根負けして、営業と会ってしまった人は、とにかく外の空気が吸いたい、ここから解放されたい、そのような強迫めいた気分に支配されたという。
マンション投資は痛々しい。マンション投資は大失敗になる。投資家がみっともなく潰れて、逃げ出すのをてぐすね引いて待っている。唾を吐きかけられて、石で打たれて、散々笑われて、あっという間に忘れ去られる。
  

Posted by 林田力 at 00:48Comments(0)

2015年05月29日

投資用マンション問題

#工事 #投資 #建設 #マンション
投資用マンションは物件もそうであるが、管理費と修繕積立金が高く、終わっている。投資用マンションの強引な営業が問題になっているが、その背景にはブラック企業体質がある。居酒屋チェーン並みのブラック企業体質に大笑い。バカ体育会系がのさばる限り体質は変わらない。当たり前である。
他人に対して言ってはいけないことを平気で言うブラック社畜。短時間で出来る業務をわざわざ時間をかけて、オレって熱心!残業してますアピール。部下が早く帰ろうとするものならヤクザ顔負けの因縁をつける。社会や家庭から必要とされていないため、会社に住んでしまう。
業務改善すれば金も貰えず居場所もなくなるために、折角の改善提案を顔を真っ赤にして妨害する。まともな人間は櫛の歯が欠けるように消えていく。自業自得、地獄がふさわしい。
以下は投資用マンション勧誘の電話対応事例である。相手の言ってる理論が破綻していたので論破したところ、「あなたのような人にはこちらも売りたくありません」と逆切れして切ってきたという。
中古マンションでは破綻した大家が売りに出した物件が沢山ある。不動産サイトには会員限定で登録しないと見られない物件がある。この中には大手が建てて企業名を公表したくないから閲覧できないようにしてある物件もある。
マンション業者は住民ではないため、マンション建設工事の騒音振動に苦しむ住民の苦痛は分からないが、あなた方は人に迷惑をかけている存在である。住民は泣き地獄、下痢、腹痛、食欲不振に苦しんでいる。どれだけ住民を鬱の底に叩き落したいのか。
  

Posted by 林田力 at 13:02Comments(0)

2015年05月28日

希望のまち東京in東部第48回市民カフェ「平和安全法制」2

バブル経済以前は経済面で「米国に勝った」と自惚れていたが、アメリカの消費に支えられていた。二人羽織で常に後に米国がいる。その意味では中国はすごい。やはり大国である。大国の気構えがある。今の中華人民共和国は半植民地状態のルサンチマンを抱えており、アメリカを追い越そうという意識が強い。それは歴史的な中華帝国に比べて余裕がない。中華帝国は侵略的な思想は相対的に強くない。

北朝鮮が核兵器を持とうとすることは、アメリカの核兵器を恐れるためではないか。日本は戦争できない。原発を攻撃されたら日本は終わりである。いくら日本が米国の機嫌をとっても、米国が国益に反して集団的自衛権で日本を守ることはない。

後方支援への参加は米国の肩代わりである。米国は軍事費の負担軽減になる。三国志の時代から輜重は攻撃対象であった。後方だから攻撃されないということはない。後方支援を叩くことは戦争の常道である。兵站から先に攻撃される。実際の自衛官にとっては「冗談ではない」という話である。

米軍兵士の帰国後のPTSDは大きな負担である。戦争に行けば日本の自衛隊は米兵以上になる。太平洋戦争でも多かった筈である。当時はPTSDについて分からなかっただけである。イラクに派遣された自衛官の自殺者は50人以上である。ソ連でもアフガン戦争に行った兵士がPTSDになった。道端の子どもを助けて村に連れて行ったら、罠であったということがある。アメリカは何のために日本に集団的自衛権を行使させようとしているのか。戦争のリアリティーの分かる人が議論すべきである。自分が戦場に行く筈がないと思っている人が議論すべきではない。
http://hayariki.net/tobu/cafe48.html
日の丸君が代を国旗国歌とする際に個人への強制はしないと言っていたが、強制されている。新三要件も、なしくずしで拡大されるのではないか。論理も何もない。詭弁でも何でもいいから乗り切ろうとしている。国会論戦には呆れて笑ってしまう。米国と一緒になってついていくことが日本の国益なのか。米国型資本主義社会は早晩崩壊する。今のうちに新しい社会像を提示する。自民党の中からでもいい。そのような勢力が出てこないか。
  

Posted by 林田力 at 21:45Comments(0)

2015年05月27日

江東区中学校の教科書採択を考える2

江東区中学校の教科書採択を考える会学習会が江東区文化センターで開催された。120人が参加した。
呼びかけ文提案がなされ、賛同を得られた。林田力がカンパのお願いをした。問題の教科書を採択することは、日本の歴史に泥を塗ることになる。
俵義文・教科書ネット21事務局長が講演した。問題の歴史教科書は「日本の歴史」と称して世界史が弱い。近代世界を作った産業革命や市民革命の記述が少ない。
公民の教科書の憲法の説明は自民党の憲法草案と似ている。国民主権は「国民主権と天皇」と記述する。基本的人権では権利よりも義務を強調する。国防の義務にも言及する。平和主義については、日本の平和は自衛隊と米軍について守られていると主張する。自民党の宣伝パンフレットである。安倍晋三首相の写真が沢山使われている。一面的な教科書である。党首討論の写真では野党第一党ではなく、石原慎太郎を写している。
教科書採択は教育委員会の専権事項で首長は介入できない。教育再生首長会議に参加している首長が教科書採択に介入する危険がある。山崎区長は教育再生首長会議のメンバーである。江東区は油断してはならない。教科書展示会に行ってアンケートを書く。教員は専門職として教科書の選定に重要な役割を与えられるとの勧告がある。下村大臣は日本共産党議員の質問に対して、この勧告を尊重すると答弁した。
  

Posted by 林田力 at 20:43Comments(0)

2015年05月27日

江東区中学校の教科書採択を考える

江東区中学校の教科書採択を考える会学習会が江東区文化センターで開催された。俵義文・教科書ネット21事務局長が講演した。ナチスが政権をとった時の党員の一番多い層は教員であった。そのような教員がヒトラーユーゲントを進めることになる。アベノミクスは庶民のための経済政策ではない。グローバル企業や富裕層のための経済政策である。国会で審議する前から戦争立法をアメリカに約束する。自衛官募集のカレンダーがある。戦車が参加する上陸作戦の写真がある。
主催者挨拶、宇都宮けんじ代表世話人。江東区は東京大空襲で大変な被害に遭った。江東区平和都市宣言が出された。江東区長は教育再生首長会議に参加している。戦争立法や改憲の裏面が教科書問題。子ども達の思想を戦争する国に合わせていく。憲法を理解する上では歴史的な事実に向き合うことが大切である。戦争責任や加害者責任を理解することが大切である。安倍首相は植民地支配や従軍慰安婦の責任について言及していない。戦争被害は知られているが、アジアで日本軍が行ったことに向き合う必要がある。
  

Posted by 林田力 at 19:13Comments(0)

2015年05月27日

高齢者治療拒否訴訟

高齢者医療拒否訴訟の口頭弁論が東京地方裁判所で開かれた。報告集会で原告は命の自己決定権が害されたことを問題とする。生産活動に寄与しない高齢者を切り捨てる傾向が出ていることを見据えなければならないとの声が出た。
報告集会では東京労組文京七中分会から東京都交渉と記者会見への参加も呼び掛けられた。6月25日12時半に都庁第2庁舎1階ロビー中央集合である。東京都はブラック労働の巣窟と批判する。
新運転裁判の口頭弁論が7月16日に開かれる。清掃労働者の無権利状態を知らなかった、知ったからには応援すると高齢者医療拒否訴訟原告は語った。
年金解雇訴訟は最高裁に上告した。上告人は以下のように語る。ブラック企業が社会問題になっているが、ブラック労働組合も問題である。分断される原因になっている。
午後には盗聴法・司法取引のデモが行われる。司法取引は冤罪を生み出す。他人の罪を言うと自分の罪が軽くなるというものである。
  

Posted by 林田力 at 12:09Comments(0)

2015年05月27日

高齢者医療拒否訴訟

高齢者医療拒否訴訟の口頭弁論が開かれた。原告と被告病院は準備書面を提出した。不法行為は何なのか明確にすること、損害との因果関係を明確にすることを前回求められた。ごえんせい肺炎の因果関係を示す。経管栄養の開始終了をカルテに明確に書いていない。記録していないならば、それはそれで問題である。延命治療をしなかったことを不法行為と主張した。裁判所は延命治療拒否と経管栄養の流入速度を速めたことの関係を尋ねた。相当程度の可能性についても尋ねた。延命治療の中止は一連の不法行為と聞かれて答えた。裁判所は病院に看護記録などの開示を求めた。治療経過一覧表の作成も求めた。病院は短い準備書面しか出さなかった。病院に記録がないならば、病院のルールとして通常どうやっているかを聞きたい。病院は故意にやったのか、おざなりになったのか。病院は治療を拒否した相手に相続が絡んでいないか気にしなければならない。準備書面に主張した。
次回は7月15日である。法廷が変わり、703号法廷である。
  

Posted by 林田力 at 10:36Comments(0)

2015年05月26日

生かそう憲法!今こそ9条を!世田谷の会 第11回総会

生かそう憲法!今こそ9条を!世田谷の会 第11回総会&記念講演

★5月29日(金)
午後6時15分開会
(総会議事終了後記念講演 7時開始予定)

★世田谷区民会館集会室
(世田谷線松陰神社前駅下車徒歩5分)

★記念講演「戦争立法を許すな!憲法9条を守るのはだれか」
 講師=青井未帆さん(学習院大学法科大学院教授 憲法学)
  

Posted by 林田力 at 23:34Comments(0)

2015年05月26日

林田力・空想科学小説書評

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #書評 #レビュー
林田力『東急不動産だまし売り裁判41空想科学小説書評』(アマゾンKindle)はSF作品の書評を中心とする。

東急不動産だまし売り裁判
ブランズシティ久が原は縁起が悪い
『チベットのラッパ犬』シーナ・ワールド全開のSF
『虚無回廊』
『連環宇宙』ハイエナ資本主義を連想
『ラットランナーズ』
『問う者、答える者』
『人という怪物』
『スター・ウォーズ 統合』ヴォングとの戦いが完結
『比類なき翠玉』
『パラレルワールド・ラブストーリー』
『ほしのかえりみち』
『銀河英雄伝説外伝5 黄金の翼』ラインハルトの原点
『IF物語 ベルセルク編 銀河英雄伝説〜新たなる潮流(エーリッヒ・ヴァレンシュタイン伝)』
黒猫「地球へ……」
テロと戦うサスペンス『BLOODY MONDAY 第8巻』
『BLOODY MONDAY Season 2 絶望ノ匣』
『BLOODY MONDAY Season 2』第6巻、ハッカーと工作員がラブラブに
『エア・ギア』第31巻、ゴスロリ女装男子の絆
『エア・ギア』第32巻、努力と友情の力で天才に勝利
『僕はビートルズ』

【書名】東急不動産だまし売り裁判41空想科学小説書評/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ヨンジュウイチ クウソウカガクショウセツショヒョウ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 41 Science Fiction Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/Makuraishido
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表、都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。他の著書に『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『危険ドラッグは風俗を乱す』など。
Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
  

Posted by 林田力 at 17:43Comments(0)

2015年05月25日

東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #東急不買
東急リバブル東急不動産はマンションだまし売りで消費者を不必要に痛め付ける。東急不動産だまし売り裁判は社会の将来に関わる問題として真剣な対応が求められる。東急リバブル東急不動産は何をさせても中途半端である。付け焼き刃的な発想で物事を進めるから消費者トラブルが深刻化する。
  

Posted by 林田力 at 20:53Comments(0)

2015年05月24日

東急不動産だまし売り裁判CM

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #東急不買
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)の映像がYouTubeで公開された。東急リバブル東急不動産の根の浅はかさは丸分かりである。東急不動産だまし売り営業は消費者より優位に立ちたいだけのガキであった。闇雲に背伸びしている痛々しいヤンキーと同じである。
カルト的な集団では事実よりも共通認識の方が真実になる。どのような組織にも腐ったリンゴは存在する。ところが、東急リバブル東急不動産では大抵のリンゴが腐っており、大抵の非難は真実である。東急リバブル東急不動産に一歩でも足を踏み入れたならば、金の亡者達の手があちこちから伸びてきて、泥の底に引きずり込む。長くいると人間性が奪われる。東急不動産だまし売りは毒にしかならない。東急不動産準備書面の文章は子供だまし、その構成は荒かった。要するに稚拙であった。東急不動産は何と卑劣な企業だろうか。
  

Posted by 林田力 at 17:08Comments(0)

2015年05月23日

東急不動産だまし売り裁判映像

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #レビュー #東急不買
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)の映像がYouTubeで公開された。東急リバブル東急不動産の近くには不幸せや絶望がある。東急リバブル東急不動産ほど憎いと思った企業はない。卑怯な手を使うのが日常茶飯事の企業である。東急不動産だまし売りは痛みである。東急不動産だまし売りは消費者の精神に、体の隅々に、安堵の時間にすら、痛みをもたらす。東急リバブル東急不動産営業は、トカゲに表情があるならば、このようなものだろうと思えるような表情の乏しさであった。
  

Posted by 林田力 at 01:45Comments(0)

2015年05月21日

スリジエセンター

#医療 #書評 #レビュー #病院
海堂尊『スリジエセンター』は桜宮サーガの一作である。過去の物語である。視点人物は世良医師で、四年目の医者である。天城という高額な治療費をとるブラックジャック的な天才外科医が主役である。日本の古い体質の医療界に波乱を起こす。既得権益を維持したい副病院長の交渉で要求を認めさせるシーンは笑える。
過去の作品の登場人物の若い頃が描かれる。ジェネラル・ルージュの速水は新人医師であるが、この頃から規格外である。これに対して花房美和看護婦は初々しく、ハヤブサのイメージにはならない。
腹黒タヌキの病院長は新進気鋭の講師である。本書では露骨な陰謀、追い落とし工作を展開する。バチスタ・シリーズのイメージが強いために病院長は頼れる味方と考えがちであるが、本書では感情移入できない。
その思想も金持ち優先の医療はけしからんという典型的な建前論で深みがない。
  

Posted by 林田力 at 18:03Comments(0)

2015年05月21日

東急不動産だまし売り営業

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買 #東急不買運動 #マンション
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は、心の中の興奮と幸せを増大させる。東急リバブル東急不動産への批判は活火山のマグマのように噴出する。東急リバブル東急不動産の説明は信用できない。汚染がないとは限らない。
東急不動産だまし売り営業は、消費者のことは考えず、ひたすら自身の満足と快感だけを満たそうとする。マンションだまし売りの低俗さを逆にクールと見なしている。東急不動産だまし売り営業の人生はいかに惨めなことか。東急不動産だまし売りは価値あるものを何も残さない。石畳にこびりついたカビの生えた犬の糞である。ゴキブリの方が知能指数は高いのではないか。
東急不動産だまし売り営業は仕草が似ていた。東急不動産だまし売り営業というものは同じような仕草になるのか、それとも同じような仕草だから東急不動産だまし売り営業になるのか。
  

Posted by 林田力 at 12:55Comments(0)

2015年05月19日

林田力書評・輝天炎上

#小説 #書評 #ミステリー #レビュー
海堂尊『輝天炎上』は桜宮サーガの一作である。主要な視点人物は天馬大吉である。落ちこぼれ留年男子学生が何故か美少女優等生に意識され、しかも当人は、それを最初迷惑がるというラノベ的な展開で始まる。後半は過去作品の登場人物の意外な生存や意外な関係に驚かされ、あっという間に読み終わってしまった。
AIによって死因究明は格段に進歩する。しかし、それによって既得権益を奪われる法医学者や警察は抵抗し、中々普及しない。これが物語の背後にある社会的な対立構造である。この既得権益擁護の守旧派の抵抗は重要な問題である。但し、本書がエンターテイメント作品として面白いところは、敵役が既得権益擁護勢力の手先としてではなく、私憤・私怨で復讐を進めていることである。これによって物語が生き生きしてくる。怒りが行動の強固な原動力になることは、東急不動産だまし売り被害者として実感できることである(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。復讐心に突き動かされた敵役に比べれば、官僚などの既得権益擁護者は敵役としても小物である。
しかも、本作品では怨念と怨念の対決のようになる。迎え撃つ大学病院側さえ闘いの中心から外れている。利権を守ることにきゅうきゅうとしている連中は想像力を失っているが、人の想いの強さは侮れない。
大学側さえ霞んでいる要因は大学側が正義ではないためである。本書では過去の医療ミスの隠蔽が暴かれる。それ自体は良いことである。たとえ隠蔽を暴くことがAIセンター潰しの陰謀の一環であろうと。

本書の中で彦根が語るように唯一絶対の真実がある訳ではない。視点が異なれば認識も変わる。天馬からは田口公平が自己顕示欲が強そうに見えることが面白い。
  

Posted by 林田力 at 20:59Comments(0)

2015年05月19日

マンション建設工事騒音

#マンション #建設 #工事 #建築
悪徳不動産業者は、いつも憤懣をくすぶらせ、それをぶつける機会を探している。悪徳不動産業者は、呆れるほど非合理で、衝動的である。稼ぎたいだけの卑しい心で、住民の生活に土足で踏み込んできた。思い上がって道を踏み外し、度し難い過ちを犯した。マンション建設工事騒音には黒板に爪を立て、引っ掻く音に似た音がある。住民は怒りで全身の血が逆流しそうになる。沸騰した血がグツグツと逆流する。右手の震えを左手で押さえ込む。悪徳不動産業者は過去の因業が未来の自分の首を絞めることになるとは思いもしない。東急不買運動の種は芽吹き、蔓草となる。
  

Posted by 林田力 at 13:07Comments(0)