さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2015年09月29日

FJネクスト反対運動

#不買運動 #マンション #悪徳商法
FJネクスト・ガーラ木場不買運動の動画がYouTubeに掲載された。BGMはカノンである。バロック音楽の代表とも言える曲である。ガーラ東麻布建築紛争の動画もある。こちらはビートルズのレットイットビーがBGMである。
林田力『FJネクスト反対運動』は『FJネクスト迷惑電話』に続き、FJネクスト問題を取り上げる。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はグランド・ガーラ門前仲町やガーラ・プレシャス木場、ガラ・ステーション木場、ガーラ・シティ東陽町などの物件があるが、マンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。
赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は隣接地ギリギリに建設する非常識な高層マンションである。FJネクストは、消費者や住民と本質的に対立する存在である。迷惑勧誘電話や住環境破壊のFJネクストは市民の敵である。故にFJネクスト反対運動である。

FJネクストと教員・公務員・看護師
FJネクスト迷惑電話は社員の問題
FJネクストしつこい
FJネクスト株主総会お土産に釣られるな
FJネクスト年収に釣られるな
グランド・ガーラ門前仲町不買運動
FJネクスト反対運動の幟旗が北千住に
FJネクスト反対運動の幟旗が門前仲町に
FJネクストと危険ドラッグ
FJネクストと吉野健太郎
吉野健太郎と「しぇしぇしぇのしぇ」
山口組分裂と危険ドラッグ
希望のまち東京in東部第61回市民カフェ「育鵬社の教科書」
希望のまち東京in東部第62回市民カフェ「他地域との連携について」
戦争いやだ!市民青空フォーラム
戦争いやだ!市民青空フォーラム案内文
戦争法案ぶっ潰せ江東行動パレード第2弾
戦争法案ぶっ潰せ江東行動の国会前抗議行動参加
戦争いやだ!足立区民集会&パレード
戦争いやだ!足立区民集会&パレード案内文
山本太郎議員の葬式ごっこ
山本太郎議員の葬式ごっこは戦争法反対に有害
山本太郎議員の葬式ごっこは野党共闘に有害
葬式ごっこの山本太郎議員を厳重注意
『空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法』マンション投資はハイリスク
『消費社会論』
『未来派左翼(上)』
倉敷市本町の倉敷美観地区
書籍寄贈

【書名】FJネクスト反対運動/エフ・ジェー・ネクストハンタイウンドウ/Anti FJ Next
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/Makuraishido
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表、都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。他の著書に『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『危険ドラッグは風俗を乱す』『FJネクスト迷惑電話』など。
Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."

FJネクスト迷惑電話
https://twitter.com/mosakuren

迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/

FJネクストのWikipediaでは編集合戦も起こっています。FJネクストに都合の悪い情報が執拗に削除され、批判されました。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/wikipedia2.html
#FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動
  

Posted by 林田力 at 17:38Comments(0)

2015年09月28日

あの日見た花の名前を

#アニメ #ドラマ #レビュー #review
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(あの花)はアニメ作品である。テレビドラマにもなった。泣ける感動作である。
舞台は秩父で、聖地にもなった。子どもの頃の秘密基地が高校生になっても残っていることが素晴らしい。今の日本には、その余裕もない。開発ばかりの現代日本では成り立ちにくい。マンションばかりバカスカと建てられる。FJネクストの投資用ワンルームマンションのように需要がないのに迷惑勧誘電話で押し売りするために無駄なマンションが建てられてしまう。
キャラクターが皆、過去の後悔を大切に抱えている。前に進むばかりの非歴史的な日本人ではない点が感動の要素だろう。
アニメは若い世代向けであるが、本作品は娘を亡くした親の気持ちも丁寧に描いている。友達を亡くすことと娘を亡くすことは立場が異なる。安易に皆で一緒に悼むとせずに、対立する感情を描いている。

FJネクスト迷惑電話
https://twitter.com/mosakuren
迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクストのWikipediaでは編集合戦も起こっています。FJネクストに都合の悪い情報が執拗に削除され、批判されました。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/wikipedia2.html
#FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動
FJネクスト ガーラ東麻布 赤羽橋 既存住民が受け入れられないマンション建設反対!
住民の意見を無視した 建設計画!
☆隣のビルまで50CM!と非人間的☆
隣人と手が繋げるまでのところに窓を作る、非人間的生活環境を強制!
https://sites.google.com/site/higashiazabu2014/
  

Posted by 林田力 at 08:04Comments(0)

2015年09月26日

未来派左翼・上巻

アントニオ・ネグリ著『未来派左翼・上巻、グローバル民主主義の可能性をさぐる』(NHK出版)は左翼の衰退の理由を明らかにし、新たな方向性を提示する。左翼教条主義に辟易する立場として納得できる記述が多い。
本書は、社会主義を「資本主義が国家主義的に変容を遂げただけ」と指摘する。左翼の指導者は経営者になりたいだけであると。私企業の経営者になるわけにいかないので公営企業の経営者になったと。73頁。
中央集権型の官僚支配の社会主義ではなく、下からの共同を志向する。公ではなく、共を志向する。共とすべきものを国家所有としてしまったことが間違いであったと。この姿勢には賛同する。この場合、難しい点は新自由主義思想の扱いである。新しい公共などの視点は未来派左翼と重なるところも多いのではないか。左翼が新自由主義を頭から毛嫌いする点は偏狭ではないか。
本書は、左翼が迷信にこっそり目配せし続けると批判する。76頁。たとえばゲノム計画に反対するために「私は神の被造物だから」との主張を挙げる。これは日本では原発に反対するために福島が放射能で汚染されて人が住めない土地でないと困るとする放射脳カルトに重なる(林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』アマゾンKindle)。

FJネクストのガーラ木場新築工事は住環境を破壊する(林田力『ガーラ木場不買』アマゾンKindle)。戸建て住宅と高層ワンルームマンションのバランスはあまりにも悪く、乱開発である。
  

Posted by 林田力 at 18:20Comments(0)

2015年09月26日

山本太郎議員が陳謝

葬式ごっこの山本太郎参議院議員が参議院議長から厳重注意を受け、陳謝した。天皇直訴事件と同じ流れであるが、この男には信念がないのか。私は山本太郎議員の葬式ごっこをイジメに重なるとして批判する立場である。しかし、あえて葬式ごっこをするからには、それなりの覚悟をもって行った筈である。簡単に陳謝することは理解できない。
必死に擁護していた山本太郎シンパが滑稽である。自民党の葬式ではなく、民主主義・立憲主義の葬式であると無理な主張で正当化する主張さえあった。山本太郎を悪く言うことは冒涜的であるという雰囲気さえ漂わせている。
山本太郎議員の葬式ごっこはイジメと重なる。自民党の葬式ごっこは公党への侮辱である。これに対して民主主義の葬式と解釈するならば、これらの批判に当てはまらなくなる。自民党の葬式を痛快と評する下劣な感性よりも、はるかに洗練されている。しかし、山本太郎議員本人が自民党の葬式であると述べている。従って民主主義の葬式論は山本太郎擁護論としては無理がある。
戦争法反対派が山本太郎議員を批判することを利敵行為とする主張は根本的な誤りである。戦争法反対派が全て山本太郎の支持者ではない。戦争法反対派は山本太郎議員を擁護し、励まさなければならないと考えているならば思い上がりも甚だしい。
  

Posted by 林田力 at 13:04Comments(0)

2015年09月25日

消費社会論

#消費者 #書評 #レビュー #読書
『消費社会論』は大学のテキストとして書かれた書籍であるが、消費者にとっても面白い。消費社会は豊かさという反面、無駄遣い、浪費というマイナス面がある。このマイナス面は企業が広告宣伝などによって欲望を生み出し、消費者に無駄な買い物をさせているとの主張がある。これは納得である。たとえばFJネクストなどのマンション投資の勧誘電話は、その最悪のパターンである(林田力『FJネクスト迷惑電話』アマゾンKindle)。
但し、この企業が欲望を生み出すとの主張は仮説であって実証的な裏付けが乏しい。それは、その通りだろう。強制力を発動して買わせるものではない以上、万人が従うものではない。それでも企業が無駄な消費を煽るとの主張は経験則から納得できる。物理的な因果関係のようなものではないが、企業が煽ることによる消費者被害があるという前提で消費者問題に取り組むべきである。
難しい点は消費者主権との関係である。消費者主権は素晴らしいことである。実現すべき内容である。一方で消費者主権を強調すると、企業に煽られて無駄な買い物をする消費者被害は認めにくくなってしまう。何故ならば消費者が主権者であり、主体的に意思決定して購入判断するならば、悪徳業者に騙されるという話でなくなってしまうためである。消費者主権は悪徳業者の責任回避の論理として使われる危険性を有している。

FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU
FJネクスト迷惑電話
https://twitter.com/mosakuren
迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクストのWikipediaでは編集合戦も起こっています。FJネクストに都合の悪い情報が執拗に削除され、批判されました。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/wikipedia2.html
#FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動
  

Posted by 林田力 at 18:31Comments(0)

2015年09月24日

高齢者治療中止訴訟第六回口頭弁論

#裁判 #東京地裁 #医療 #高齢者医療
高齢者治療中止裁判の第六回口頭弁論が東京地裁で開かれた。裁判長が後退し、弁論を更新した。最初に一分程度、原告本人が口頭で主張した。口頭弁論後の報告集会で、原告は母を思い出し、主張しながら泣きそうになったと語る。
被告病院は準備書面を陳述した。原告は準備書面を陳述した。被告側は次女の陳述書を提出した。原告は入院中の母親の手書きメモを証拠として提出した。
次回は11月25日午前10時半から東京地裁610号法廷で開かれる。書面などの提出期限は11月13日まで。
原告代理人は以下の主張をした。被告長男は5秒に1滴を4秒に1滴に早めた。これは30分も早めることになる。消火器に大きな負担を与える。経管栄養はゴエンに注意しなければならない。スピードを早めることは大きな問題である。嘔吐、肺炎という因果関係がある。肺炎から敗血症になることの因果関係は4頁に書いた。
延命治療については本人が文字を書ける時期もあったとして、その時期に延命治療について意思確認をしないことはおかしいと主張した。

傍聴者からは裁判長が交代したことの影響を問う声があった。それは裁判末期の交代であり、本件とは必ずしも一致しない。たとえば北本いじめ裁判では証人尋問後に舘内裁判長に代わり、イジメ否定の問題判決が出た。舘内裁判長は訴訟資料をきちんと読んだのか批判された。
  

Posted by 林田力 at 17:57Comments(0)

2015年09月24日

高齢者治療中止裁判

高齢者治療中止裁判の第六回口頭弁論が東京地裁で開かれた。裁判長が後退し、弁論を更新した。最初に一分程度、原告本人が口頭で主張した。口頭弁論後の報告集会で、原告は母を思い出し、主張しながら泣きそうになったと語る。
診療経過一覧表では母親の意識レベルについて書き出した。元気な時期もあった。
被告長男は流入速度を速めても問題ないと病院が言っていたと主張している。病院は記憶にないと言っている。
傍聴者も突然、裁判官が変わった経験がある。しかし、何も話す機会がなく流れてしまった。それは残念という声が出た。
原告の主張は簡潔で良かったという評価があった。
  

Posted by 林田力 at 10:33Comments(0)

2015年09月23日

林田力・アスベスト

#東陽町 #江東区 #アスベスト #マンション
東野圭吾『ゲームの名は誘拐』は小説である。主人公佐久間は敏腕広告プロデューサーであったが、クライアントの大手自動車会社副社長・葛城の鶴の一声でビッグプロジェクトを下ろされてしまう。憤懣収まらない佐久間は家出した葛城と愛人の娘と共に身代金目的の狂言誘拐を企む。ゲームの達人と自称する葛城に対するゲームとして。
犯人側の視点で描くことが本書の特徴である。主人公も葛城も人生をゲーム(勝ち負け)で見ており、底が浅く、感情移入しにくい。だから主人公の窮地にも、あまり心を動かされずに読み進めることができる。

東野圭吾『昔ぼくが死んだ家』は小説である。子どもの頃の記憶が全くないという元恋人の頼みで、過去の記憶を探るために元恋人の父親の遺品にあった地図の家を訪れる。その家に元恋人のトラウマになった過去が隠されていることは容易に想像できる。しかも元恋人は自分の娘を虐待しており、虐待する親は子どもの時に虐待被害を受けた経験があるとの情報まである。読者は、それを想像しながら読み進めていくが、「やっぱり」とはならない。結局は「やっぱり」となるが、これで謎は全て解決したと思った後での「やっぱり」であり、見事に騙された。
記憶が戻ったことが元恋人にとって幸せなことかについては議論があるだろう。記憶がないままでは悩み続けるため、知らない方が幸せとは言えないだろう。

林田力『東急不動産だまし売り裁判48アスベスト』は東急不動産マンションのアスベスト使用問題を特集する。東急不動産が2003年に江東区東陽で分譲した新築マンションはアスベストが使用されていた。アスベストは有害物質である。Asbestos is hazardous to human health and is known to cause a type of cancer known as mesothelioma and is banned by many countries.
アスベスト使用の事実は東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の粘り強い問い合わせで明らかになったものである。販売代理の東急リバブルや施工会社のピーエス三菱にも問い合わせた。その悪質さは環匠(埼玉県川越市)の石巻市アスベスト飛散事故とも重なる。奇しくも環匠は同じ江東区東陽でFJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)ガーラ木場新築工事の解体業者になっている。

『東急不動産だまし売り裁判47ガーラ木場不買』
東急不動産だまし売り裁判と登記トラブル
FJネクストと石巻市アスベスト飛散の環匠
東急不動産と環匠のアスベスト問題
東急不動産と環匠アスベスト問題の共通点
東急不動産アスベスト回答文書の無礼
東急不動産と環匠とアスベスト問題の深刻さ
東急不動産・環匠のアスベスト問題と消費者意識のギャップ
東急不動産アスベスト問題で東急リバブル回答拒否
東急リバブル問い合わせ経緯
東急リバブルの不誠実な対応を告発
東急不動産アスベスト問題でピーエス三菱が回答たらい回し
東急不動産マンション緑化の無意味
東急リバブル、従業者名簿閲覧請求を無視
FJネクストと東急建設・上郷開発の自然破壊
『アスベストに奪われた花嫁の未来』
『高校無償化裁判』
『冬の兵士』
『偽造同盟』
『あそこの席』
『遠浅の海』
『ブレーメンII』
寄贈書籍
家計簿

【書名】東急不動産だまし売り裁判48アスベスト/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ヨンジュウハチ アスベスト/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 48 Asbestos
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/Makuraishido
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表、都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。他の著書に『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『危険ドラッグは風俗を乱す』『FJネクスト迷惑電話』など。
Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
  

Posted by 林田力 at 18:46Comments(0)

2015年09月23日

FJネクスト反対幟旗が門前仲町を

#東陽町 #江東区 #建設反対 #マンション
FJネクスト反対運動の幟旗が東陽公園に登場した。幟旗は門前仲町まで行進した。グランド・ガーラ門前仲町の販売開始直前の時期でタイムリーであった。マンション投資の勧誘電話は、まともな営業ならば恥ずかしくて使えない言葉がポンポン出てくる。テレアホ営業は二枚舌である。
誰かが声を出し、誰かが立ち上がり、誰かがやらなければ、FJネクスト被害者は浮かばれない。FJネクストの危険性は白日のもとにさらさなければならない。FJネクスト反対運動は世界に広がっていく窓である。FJネクスト反対運動はFJネクストへの怒りから始まり、消費者や住民の権利意識を広げていく。
幟旗は緑の背景に白地で「エフ・ジェー・ネクスト!住民無視のワンルーム大反対!」と書いてある。エフ・ジェー・ネクスト反対運動の幟旗は、赤羽橋のガーラ東麻布反対運動の幟旗がオリジナルである。幟旗は戦争法案ぶっ潰せ江東行動パレード第二弾に参加した。永代通りを西に進み、門前仲町まで行った。臨海公園で解散した。

FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
  

Posted by 林田力 at 11:23Comments(0)

2015年09月22日

トリンドル玲奈が慶応大学を卒業

女優でモデルのトリンドル玲奈が慶應義塾大学を卒業したと2015年9月16日付けのブログで報告した。「今日、慶應義塾大学の卒業式に出席しました!無事に卒業できたことをご報告させていただきます」。トリンドル玲奈は高校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部へ進学した。2009年後の芸能界デビュー後は一時休学したものの、復学し、湘南藤沢キャンパスに通い、卒業した。

トリンドル玲奈と言えば、ブラック企業と闘うドラマ『ダンダリン』が印象深い。『ダンダリン』でブラック企業だけでなく、ブラック企業に違法スレスレを指南するブラック士業の問題も取り上げた(林田力『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』「『ダンダリン』第5話、ブラック士業の幼児性」)。

トリンドル玲奈の役柄は、自らのアルバイトでの被害経験からブラック企業は許せないという正義感に燃えた存在であった。段田凛(竹内結子)の異動当初の、やる気のない官僚的な職員の中では、まともな労働基準監督官であった。

トリンドル玲奈が大学を中退せずに卒業されたことは立派である。同じく芸能活動しながら大学を卒業した芸能人に歌手の青山テルマがいる。青山テルマは上智大学を卒業したことを2012年3月26日に自身のブログ「青山テルマのONE WAY」で報告した。着物に袴姿の写真を掲載した上で「この度、私 5年半もかけて、上智大学を卒業しました」と記述する。単位を落としたために5年半がかりの卒業となったという。安易な大学中退者が多い中で立派である。素直に卒業を祝したい。卒業おめでとう。
http://www.hayariki.net/cul/keio_univ.html
テルマはトリニダード・トバゴ人と日本人のクォーターである。2008年1月リリースのセカンドシングル『そばにいるね』がヒットし、女子大生歌姫として注目を集めた。これまでも大学生との対談などで「学校に行った方がいい」と話しており、言行一致、主張の一貫性を示した。ブログには以下のように記載する。

「もしそんな私が学校を辞めてしまったら、私が言った言葉がすべて嘘になってしまうのと同時に、これから私が歌ったり、発信する『言葉』が軽く聞こえてしまう。それが一番嫌だった。それが一番ダサイと思ったの」

Boycott Gala Kiba (Japanese Edition) [Format Kindle]
http://www.amazon.fr/dp/B014O274OY
  

Posted by 林田力 at 22:32Comments(0)

2015年09月21日

戦争法案ぶっ潰せ江東行動・国会前抗議行動参加

「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」と「9条の会・江東」は戦争法案(安保法案)への抗議行動に連日参加した。「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」「9条の会・江東」「希望のまち東京in東部」は2015年8月30日の「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催の10万人国会包囲行動に幟旗を持って参加した。

雨が降っても国会前は10万人を超える人々で埋め尽くされた。霞ヶ関駅改札口を出ると山のような人。国会前の規制が決壊し国会前の車道を進む。「安倍はやめろ」のスローガンの巨大な横断幕が沢山の風船で釣られ、コールが響き渡る。雨が本降りとなり「戦争法案ぶっ潰せ」の文字の入った傘が注目された。

香山リカさんは「8月30日、ここにいるみなさんで戦争法案に反対したという日は戦争法案を止めた記念すべき日になるでしょう」とスピーチしていた。「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」は「次は5日の江東ピースパレードでまた会おう」と参加者と言い交わしながら解散した。安倍政権は追い詰められている。地域から更に退陣を迫ろう。

「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」は2015年9月12日に国会前抗議行動に幟を持って参加したが、同日の「報道ステーション」では「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」の幟が映っていた。
http://www.hayariki.net/9koto/diet.html
「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」は2015年9月14日の総がかり実行委員会主催・国会包囲行動に幟を持って参加した。「安倍政権退陣」を求める声が午後6時過ぎから国会へ押し寄せた。平日にもかかわらず国会議事堂前の左右の通路は人で溢れかえっている。国会包囲行動は4万4千人が集まったという。「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」の幟をを見つけ集まって来た人もいた。

  

Posted by 林田力 at 16:40Comments(0)

2015年09月20日

FJネクスト反対幟旗が永代通りを

#東陽町 #江東区 #建設反対 #マンション
FJネクスト反対運動の幟旗が東陽公園に登場した。幟旗は緑の背景に白地で「エフ・ジェー・ネクスト!住民無視のワンルーム大反対!」と書かれている。エフ・ジェー・ネクスト反対運動の幟旗は、赤羽橋のガーラ東麻布反対運動の幟旗がオリジナルである。幟旗は戦争法案ぶっ潰せ江東行動パレード第二弾に参加した。永代通りを西に進み、門前仲町まで行った。臨海公園で解散した。
FJネクストの現場はラフプレーだらけのサッカーのようである。FJネクストには住民の命や暮らし、営業が目に入らない。FJネクストに対する怒りの渦は、さらに激しく、大きくなる。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU
FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
  

Posted by 林田力 at 18:46Comments(0)

2015年09月18日

トリンドル玲奈が慶應義塾大学卒業

#慶應義塾大学 #エンタメ #女優 #トリンドル玲奈
女優でモデルのトリンドル玲奈さんが慶應義塾大学を卒業したとブログで報告した。ご卒業おめでとう。大学を中退せずに卒業されたことは立派である。トリンドル玲奈さんと言えば、ブラック企業と闘うドラマ『ダンダリン』が印象深い。
『ダンダリン』ではブラック企業だけでなく、ブラック企業に違法スレスレを指南するブラック士業の問題も取り上げた(林田力『ダンダリン』アマゾンKindle)。ダンダリンの異動当初の、やる気のない官僚的な労働基準監督署職員の中でトリンドル玲奈の役柄は、自らのアルバイトでの被害経験からブラック企業は許せないという正義感に燃えた存在であった。

『遠浅の海』は半自伝的な小説である。居場所のなさ、絶望感は理解できる。ところが、登場人物の一人の解決策が実家に帰って農業を継ぐことであった。これは定番のパターンと言っていいものであるが、考えさせられた。自我に目覚めた若者が田舎の閉鎖的なコミュニティーを否定して飛び出した筈である。結局、田舎に帰るならば何だったのかということになる。一方で都市生活というものが「大学を出て就職する」というものならば、そちらの方がパターン化している。田舎こそが自我を活かせる場という考えも成り立つ。実際、登場人物も単に旧態依然とした家業を継ごうとは考えていない。新しい農業、新しい事業を志向する。
帰る実家や継ぐ家業がある人は幸いである。しかし、現代社会の問題は実家も家業もない人々が多いことである。セーフティネットの貧弱な日本では今の生活が破綻すると逃げ場がなくなる。これが貧困問題が深刻になる背景である。故に実家に帰ることを逃げであると上から目線で批判することはないが、帰る実家があるということは、それだけ恵まれている。

FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
  

Posted by 林田力 at 18:02Comments(0)

2015年09月18日

トリンドル玲奈が慶應義塾大学卒業

#慶應義塾大学 #エンタメ #女優 #トリンドル玲奈
女優でモデルのトリンドル玲奈さんが慶應義塾大学を卒業したとブログで報告した。ご卒業おめでとう。大学を中退せずに卒業されたことは立派である。トリンドル玲奈さんと言えば、ブラック企業と闘うドラマ『ダンダリン』が印象深い。
『ダンダリン』ではブラック企業だけでなく、ブラック企業に違法スレスレを指南するブラック士業の問題も取り上げた(林田力『ダンダリン』アマゾンKindle)。ダンダリンの異動当初の、やる気のない官僚的な労働基準監督署職員の中でトリンドル玲奈の役柄は、自らのアルバイトでの被害経験からブラック企業は許せないという正義感に燃えた存在であった。

『遠浅の海』は半自伝的な小説である。モラトリアムを謳歌していた人物が実家に帰って農業を継ぐという展開は定番である。

FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
  

Posted by 林田力 at 12:50Comments(0)

2015年09月17日

高校無償化裁判

#教育 #高校 #差別 #書評
『高校無償化裁判』は朝鮮高校に通う生徒を高校無償化の対象から除外する差別的扱いに対する裁判闘争のドキュメントである。高校無償化は生徒に対して授業料を無償にする制度である。故に特定の高校に通う生徒を除外することは差別になると主張する。朝鮮高校が気にくわないから支援しないという発想は根本的に誤りとなる。
日本政府は過去に朝鮮学校の存在すら認めず、暴力的に閉鎖した。これは戦前ではなく、戦後の話である。この事実は負の歴史として刻まれなければならない。
トリンドル玲奈さんが慶應義塾大学を卒業したとブログで報告した。ご卒業おめでとう。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU
FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
  

Posted by 林田力 at 12:46Comments(0)

2015年09月15日

FJネクスト反対幟旗が北千住に

#足立区 #北千住 #不買運動 #マンション
FJネクスト反対運動の幟旗が東京都足立区の北千住駅前ペデストリアンデッキに登場した。黄色に赤字で「FJネクスト!境界線ギリギリ非人間的」と書かれている。FJネクストは地域の歴史や文化に何の関心もなく、尊重する気もない。住民や消費者の声に耳を傾けず、暴走するFJネクストに未来はない。迷惑電話営業は汚濁にまみれないわけにはいかなかった。FJネクスト不買運動は金儲けを優先し、消費者の権利を軽視するFJネクストに警鐘を鳴らす。
足立区では初掲示である。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事反対運動(東麻布を守る会)の幟旗に倣ったものである。東麻布を守る会の幟旗は何度も破壊されるという犯罪被害に遭っている。FJネクスト反対の幟旗は希望のまち東京in東部の幟旗の隣に立てられた。
FJネクストの問題はFJネクスト迷惑電話やFJネクストしつこいで検索すると、よく分かる。FJネクスト営業電話は、しつこいと評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』アマゾンKindle)。FJネクストのような横柄な態度は百害あって一利なしである。
これは戦争いやだ市民青空フォーラムの、希望のまち東京in東部のブースで立てられたものである。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事反対運動の幟旗を参考にした。
  

Posted by 林田力 at 21:08Comments(0)

2015年09月14日

FJネクスト問題幟旗が足立区に

#足立区 #北千住 #不買運動 #マンション
FJネクスト問題の幟旗東京都足立区の北千住駅前ペデストリアンデッキに登場した。黄色に赤字で「FJネクスト!境界線ギリギリ非人間的」と書かれている。足立区では初掲示である。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事反対運動の幟旗を参考にした。FJネクストの問題はFJネクスト迷惑電話やFJネクストしつこいで検索すると、よく分かる。FJネクスト営業電話は、しつこいと評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』アマゾンKindle)。FJネクストのような横柄な態度は百害あって一利なしである。
これは戦争いやだ市民青空フォーラムの、希望のまち東京in東部のブースで立てられたものである。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事反対運動の幟旗を参考にした。
  

Posted by 林田力 at 08:30Comments(0)

2015年09月13日

戦争いやだ市民青空フォーラム

#足立区 #北千住 #戦争法案 #安保法制
戦争いやだ市民青空フォーラムが東京都足立区の北千住駅前ペデストリアンデッキで開催された。希望のまち東京in東部も参加した。希望のまち東京in東部はFJネクスト問題の幟旗も立てた。黄色に赤字で「FJネクスト!境界線ギリギリ非人間的」と書かれている。足立区では初掲示である。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事反対運動の幟旗を参考にした。
希望のまち東京in東部は中学校歴史公民教科書の展示、日米地位協定のシール投票、パネル展示などを行った。瀬田共同代表が全体の司会を担当した。足立区議会議員では維新の党と日本共産党の議員が挨拶した。
迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
  

Posted by 林田力 at 19:55Comments(0)

2015年09月13日

戸建て賃貸テッパン投資術書評

#不動産 #投資 #空き家 #不動産投資
サーファー薬剤師『空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資術』(技術評論社)は地方の戸建て住宅を対象とした不動産投資の魅力を説明した書籍である。本書には実際の物件購入記も掲載されており、実践的である。業者指定の司法書士事務所を使って登記すると通常の倍以上の費用を請求されたという気付きにくい指摘もある(76頁)。
この物件購入記では、ほとんどの物件で大胆な指値で購入している。売主に早く売却したいという切羽詰まった事情があるためである。ここからは不動産を持つことのリスクを実感した。本書の視点とは異なるが、売主の立場では不動産は売りたい時に価値に合った金額で売れない荷物資産となる。
この点はオーナーチェンジ物件に対する説明でも当てはまる。本書はオーナーチェンジ物件を「初期コストが抑えられるから、少しばかり割高で買ってもいい」と考えることはやめたほうがよいと指摘する(108頁)。オーナーチェンジ物件は内見ができないというデメリットがある。このために購入時の賃借人の退去時に予期せぬリフォーム費用がかかるというリスクがある。故に買い手の立場ではオーナーチェンジ物件の購入は慎重にとなる。これは売り手の立場ではオーナーチェンジ物件は売りにくいとなる。不動産投資でうまく家賃収入を得られなければ売りに出せばいいとはならないということである。
ワンルームマンション投資の迷惑勧誘電話が消費者問題になっており、不動産投資の推奨本と言えば眉唾物として警戒する必要があるが、本書は地方の戸建て住宅を対象とすることで健全性を保っている。スクラップアンドビルドの開発優先とは真逆である。
以下のような真っ当な指摘もあり、ワンルームマンション投資の迷惑勧誘電話とは全く異なる。「これから不動産投資を始めるという方には、いきなり大きな負債を背負うことはおすすめできない」(36頁)
また、本書は空き家を入手して賃貸物件にすることも述べており、空き家活用という社会政策にも合致する。
むしろ本書はマンションの投資は避けるべきとの結論になる。大家業にとって賃借人からの「隣の入居者がうるさい」は手間がかかる問題であるが、戸建てならば隣室トラブルは格段に減少する(39頁)。集合住宅は物件数が多く、過当競争になる。これから空き家が益々増えるが、相続税対策などの要因で集合住宅は増え続ける。このために戸建ての方が空き家増加に対抗できる(32頁)。
さらにはRC物件には手を出さないとまで言い切る(43頁)。マンションは管理費・修繕積立金がかかる。この指摘は正しい。特に新築マンション投資の恐ろしいところは、管理会社が分譲会社の系列子会社になることである。自動的に系列子会社が管理会社になるために良い管理をするというインセンティブが働かない。高い管理費で大家の犠牲の下で自社の利益を確保する傾向がある。
  

Posted by 林田力 at 16:13Comments(0)

2015年09月13日

戸建て賃貸テッパン投資術

#不動産 #投資 #空き家 #不動産投資
サーファー薬剤師『空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資術』(技術評論社)は地方の戸建て住宅を対象とした不動産投資の魅力を説明した書籍である。ワンルームマンション投資の迷惑勧誘電話が消費者問題になっており、不動産投資の推奨本と言えば眉唾物として警戒する必要があるが、本書は地方の戸建て住宅を対象とすることで健全性を保っている。
以下のような真っ当な指摘もあり、ワンルームマンション投資の迷惑勧誘電話とは全く異なる。「これから不動産投資を始めるという方には、いきなり大きな負債を背負うことはおすすめできない」(36頁)
また、本書は空き家を入手して賃貸物件にすることも述べており、空き家活用という社会政策にも合致する。
むしろ本書はマンションの投資は避けるべきとの結論になる。大家業にとって賃借人からの「隣の入居者がうるさい」は手間がかかる問題であるが、戸建てならば隣室トラブルは格段に減少する(39頁)。集合住宅は物件数が多く、過当競争になる。これから空き家が益々増えるが、相続税対策などの要因で集合住宅は増え続ける。このために戸建ての方が空き家増加に対抗できる(32頁)。
さらにはRC物件には手を出さないとまで言い切る。
  

Posted by 林田力 at 15:16Comments(0)