さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年01月02日

天は赤い河のほとり2

#歴史 #書評 #マンガ
『天は赤い河のほとり』2巻では主人公が大きく成長する。自分の軽挙によって人を死なせてしまう。そのショックが主人公を変えた。恋愛面でも第1巻では思われるだけの存在であったが、第2巻では意識するようになる。
タイトルになっている赤い河も2巻で登場する。ヒッタイトは黒海を渡った北方民族説とアナトリア土着説がある。本書は後者を採る。北方の蛮族は別に存在する。
主人公は期せずして大きく活躍する。タイムスリップ物らしい現代意識を活かした活躍である。
  

Posted by 林田力 at 13:26Comments(0)

2018年01月02日

とりかえばや

#古典 #書評 #マンガ
『とりかえばや』は平安時代の文学作品の漫画である。男子と女子を取り替えた物語である。平安時代に性同一性障害の認識があったとは恐るべきことである。沙羅双樹は男性として宮廷に出仕し、活躍する。能力を発揮できて会っているが、内心は性を偽っているとの悩みを抱えている。他の人達と異なるということが悩みになっている。
梅壺は沙羅双樹に不審と敵意を持っているが、それ以外の登場人物は複雑な血縁要素もあるのに善人ばかりである。これは男女入れ替わりの物語に集中できる。
2巻になると睡蓮にも動きがある。
  

Posted by 林田力 at 10:21Comments(0)