さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年07月19日

中東

中東の歴史を解説した書籍である。米国同時多発テロによってイスラム=過激派テロリストという決めつけがなされることの憂慮がある。本書は歴史を叙述することで、その決めつけを払拭しようとする。これは良いことである。イスラムに好意的な立場には左翼学生運動や日本赤軍の伝統を引きずっているのか、アメリカ帝国主義に対抗する勢力としてイスラムに期待したいという本音が見え隠れするものがある。ソ連の崩壊でソ連型社会主義には誰も見向きをしなくなった。それでもアメリカを認めたくないオールド左翼が代わりの旗印としてイスラムに期待する構図である。
  

Posted by 林田力 at 08:25Comments(0)

2018年07月18日

アッカ監察課

アッカ13区監察課は架空の近代国家を舞台とした漫画である。主人公は監察課の副課長である。何を考えているか分からないキャラクターである。データ送信時刻の差異から不正を見抜くところは切れ者である。データのチェックが主体の地味な仕事での見せ場になる。
本作品には、お洒落な雰囲気がある。しかし、実は全くお洒落ではない。
  

Posted by 林田力 at 13:30Comments(0)

2018年07月17日

からかい上手の元高木さん

『からかい上手の元高木さん』は『からかい上手の高木さん』のスピンオフ漫画である。大人になった高木さんを描く。高木さんは結婚して名字が変わり、娘が産まれた。
『からかい上手の高木さん』のような強烈な笑いは乏しい。本家あってのスピンオフと感じた。代わりに娘の存在感が大きく、『よつばと』のような感覚である。
  

Posted by 林田力 at 07:40Comments(0)

2018年07月15日

インド変わる大都市圏

地理2018年7月号は「インド変わる大都市圏」を特集する。近代化が進むインドの大都市圏を紹介する。
論文の中にはカーストという言葉も出てくる。インド独特の身分制度が近代化の障害になることは、私の学生時代と変わらない。それでも都市化によって身分と結び付いた伝統的職業がなくなっていく。それを「住民間の社会関係が分断されたアーバンビレッジでは、増大する地域問題を解決する地域の主体がなくなり、その解決はより困難になった」とマイナス面を評価している(澤宗則「大都市近郊農村からアーバンビレッジへの変容」47頁)。
  

Posted by 林田力 at 19:15Comments(0)

2018年07月14日

進撃の巨人23

『進撃の巨人』23巻はマーレの話とエレン達の話が平行する。マーレの話は別個の展開ではなく、エレン達に関係する話であった。
『進撃の巨人』は圧倒的な巨人に食べられる無力な人間という展開が話題であった。ところが、外の世界では科学技術の発達によって巨人の優位性が減少している。昭和のゴジラは過去のものになり、地球なめんなファンタジーというジャンルが登場した社会を反映している。
  

Posted by 林田力 at 13:11Comments(0)

2018年07月14日

ワンピース89巻

尾田栄一郎『ワンピース89』(集英社)はビッグマム編がほぼ終わる。完全に終わりではない。ルフィとカタクリの死闘に決着がつく。カタクリはルフィの強敵にふさわしい存在になった。勝つために手段を選ばない卑怯者は強敵キャラクターとしても相応しくない。日本大学アメリカンフットボール部の違反行為は多くの人々を怒らせ、日本大学のイメージを失墜させた。
  

Posted by 林田力 at 12:26Comments(0)

2018年07月14日

はたらく細胞ブラック

『はたらく細胞ブラック』は体内細胞擬人化漫画『はたらく細胞』をブラック労働に置き換えたスピンオフ漫画である。表紙の赤血球と白血球は『はたらく細胞』と男女が逆パターンである。
ブラック企業は社会問題になっている。ブラック企業の周りにはブラック士業なども蠢いている。『はたらく細胞』では細胞達が自発的に楽しく働いているように見えるが、そのような職場環境ばかりかということは誰しも思うことだろう。その意味で好企画である。
  

Posted by 林田力 at 10:14Comments(0)

2018年07月14日

はたらく細菌

『はたらく細菌』は人体細胞擬人化漫画『はたらく細胞』のスピンオフ漫画である。赤血球などの細胞は登場せず、細菌を擬人化する。キャラクターではなく、コンセプトを利用したスピンオフである。
善玉菌と悪玉菌の陣取り合戦を描く。『はたらく細菌』というより『戦う細菌』という感じである。肉ばかり食べて野菜を食べないと体に悪いということを実感させる作品である。この意味で非常に教育的である。臭い屁が出るという点も少女への教育効果がある。
一方で『はたらく細胞』の面白さは乏しい。
  

Posted by 林田力 at 09:50Comments(0)

2018年07月12日

はたらかない細胞

『はたらかない細胞』は体内細胞擬人化漫画『はたらく細胞』のスピンオフ漫画である。赤血球に成長しない赤芽球をニート風に描く。『はたらく細胞』は勉強になる点も多いが、本作品はギャグテイストが濃厚である。
働かないように見えて、実は役に立っているという話かもと思ったが、深読みし過ぎのようである。そのように感じた理由としては、表紙の赤芽球が銀河英雄伝説のヤン・ウェンリーのように見えたからである。働かない非常勤参謀と揶揄されながら、実は有能であった。
  

Posted by 林田力 at 21:34Comments(0)

2018年07月12日

ミスタージパング2

椎名高志『MISTERジパング』(小学館)第2巻は蜂須賀小六とのエピソード「蜂須賀村の決闘」の続きである。タイトルが映画作品のタイトルを連想させる点は『ゴーストスイーパー美神極楽大作戦』に重なる。因みに第1話は「天下を狙え」であった。
織田信長と蜂須賀小六の対立を日吉の知恵で回避しようという展開であるが、無理を感じた。信長は小六と全面対決するつもりはなく、実行者を差し出せば撤収すると考えているが、実行者が小六本人でなかったとしても、無法に乱暴を働いた訳ではない人物を差し出す理不尽を小六が受け入れることはないだろう。信長の考えでは全面対決に至るだろう。
  

Posted by 林田力 at 18:30Comments(0)

2018年07月11日

ミスタージパング

椎名高志『MISTERジパング』(小学館)は戦国時代を舞台にした歴史漫画である。週刊少年サンデー連載作品。豊臣秀吉の少年時代・日吉が主人公である。天文17年(1548年)の尾張国の森の中で日吉は強盗に遭っていた。そこで織田信長と徳川家康(松平竹千代)に助けられる。そこから信長との接点が生まれる。
信長は常識人から見ればうつけであり、暴君であるが、実は考えているキャラクターと描かれる。破滅的な戦争に突き進んだ第二次世界大戦の日本軍人よりは、はるかに理性的である。
日吉は武力はないが、他の人が思いつかない知恵で解決するキャラクターである。
  

Posted by 林田力 at 18:21Comments(0)

2018年07月09日

電話よりネット

多くの人は電話よりもインターネット経由の問い合わせを望む。電話しか窓口がなければ不便に感じる。
この問題に限らないが、この種の議論ではエピソードベースの論理が悪用される傾向があった。インターネット経由の問い合わせを望む人が多いとの問題提起に対して、電話が良いと思っている人もいるとの反論がなされがちであった。インターネット経由の問い合わせを望む人にインターネット経由の問い合わせという新たな選択肢を提供することを求めるものであり、上記の反論は成り立たない。しかし、このような反論によってウヤムヤにされ、現状維持となりがちであった。
これをエビデンスベースの議論に改める。
  

Posted by 林田力 at 08:27Comments(0)

2018年07月09日

はたらく細胞

『はたらく細胞』は赤血球や白血球などの細胞を擬人化して人体の仕組みを描く漫画である。自分の体がこのような仕組みになっているかと感じていとおしくなる。
面白い点は個々の細胞が各自の意思で行動する市場主義的な世界観になっていることである。一部に指揮命令関係があるが、指導者が全体を指揮する官僚制に陥っていない。それが漫画の世界を明るくしている。
スギ花粉症の話のように個々人が各自の職務を行う部分最適を追求した結果、大きな被害を出すことがある。
  

Posted by 林田力 at 07:58Comments(0)

2018年07月07日

かき氷

かき氷は夏の代表的なスイーツです。2018年最初のかき氷を江東区南砂で食べました。コーヒーかき氷です。アイスコーヒーを食べている感じでした。

7月7日は七夕です。私は寺遊祭成功を短冊に書きました。七夕では竹を使います。竹は寒さに負けず、真っ直ぐ育ちます。空洞に神聖な力が宿っていると考えられ、神事に使われました。竹取物語(かぐや姫)も、そのような思想が背景にあります。
  

Posted by 林田力 at 17:50Comments(0)

2018年07月06日

シュトヘル

『シュトヘル』は現代高校生がモンゴル帝国に滅亡寸前の西夏の女戦士に入れ替わるタイムスリップ歴史漫画である。但し、第1巻では入れ替わった主人公の活躍は描かれない。序盤の現代高校生活を除けば、純然たる歴史漫画になっている。
西夏と言えば映画『敦煌』があり、武断的な国とのイメージがある。これに対して本作品では独自の文字を大切にする文明国である。戦争はモンゴルに圧倒され、強奪される一方である。
漢民族と遊牧民の物語では漢民族の側に中華思想があり、遊牧民を見下しているために遊牧民側に感情移入したくなることもある。
  

Posted by 林田力 at 18:29Comments(0)

2018年07月04日

辺獄のシュベスタ

竹良実『辺獄のシュベスタ』(ビッグコミックス)は神聖ローマ帝国の異端審問、魔女狩りを描いたサバイバル歴史漫画である。このヨーロッパの魔女狩りは凄惨である。この凄惨さへの反省が信教の自由や内心の自由に結実したが、当時の人々には地獄であったことには変わりない。この凄惨さは日本人からは一神教の独善の結果と理解される傾向がある。そこには八百万の神々を信仰する自分達はもっと寛容という自惚れが見え隠れする。しかし、本作品で描かれた主人公らへの抑圧は、日本型集団主義による個人への抑圧と似ている。主人公の決意と闘いは日本の集団に向けられたものとしても不思議ではない。
  

Posted by 林田力 at 21:12Comments(0)

2018年07月04日

毒出しうがい

『毒出しうがい』は歯科医が虫歯や歯周病を予防する方法を紹介した書籍である。歯磨きよりも効果があると主張する。歯磨き粉に否定的な点は『歯はみがいてはいけない』と共通する。
毒出しうがいは歯磨きよりも簡単にできる。しかし、真面目に行うと、かなり疲れる。これまでの歯磨きが惰性でやっていたという面がある。日本は食後の歯磨きの習慣化を推進してきたが、それは公務員的な形式主義でしかなかったと言えるだろう。
  

Posted by 林田力 at 08:30Comments(0)

2018年07月02日

極道ピンポン

遠藤徹『極道ピンポン』はヤクザが卓球で対決する小説である。ヤクザの出入りが殺しあいではなく、卓球勝負になっている。何とも馬鹿馬鹿しい設定であるが、卓球の対決の描写も馬鹿馬鹿しいほど細かい。
著者は学園小説『七福神戦争』を同時刊行している。これがラノベならば、本書は劇画的である。
途中で映画撮影の話になり、メタ作品かと思いきや、並行した物語になっている。最後は予想外の展開になった。思いもしなかった良い話で終わっている。
  

Posted by 林田力 at 21:42Comments(0)

2018年07月02日

七福神戦争

遠藤徹『七福神戦争』はファンタジー学園ライトノベルである。黙っていれば美少女であるが、性格がぶっとんでいる女子生徒に冴えない男子生徒が振り回される展開は涼宮ハルヒシリーズに重なる。この涼宮ハルヒタイプは特別ではない男子生徒が何故か特別な女子生徒に見出だされ、話が進むうちに自身も特別ではない存在になっていくという矛盾を内包しがちである。これに対して本書は最後まで主人公は戦力外の扱いであり、一貫している。
幸福を振りまく七福神の生徒達に謎の転校生の三輪小角と彼女に引きずられた主人公が挑む構図である。美食が粗食になるなど本当の幸福とは何か考えさせられる。食材の味と値段が比例するというような拝金主義の浅ましさを否定する。
  

Posted by 林田力 at 20:48Comments(0)