さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2014年02月16日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は東急リバブル東急不動産の悪を真実をもって暴く。東急不動産だまし売り裁判をよく覚えておいて欲しい。林田力は東急不動産だまし売りを伝えるために東急不動産だまし売り裁判を闘った。東急不動産だまし売り被害者は激痛と飢え、苦しみと絶望の中を生きなければならない。東急不動産だまし売りは粗野で下劣な詐欺商法である。東急不動産だまし売りの悪を表現する上で蛮行は、まさに適切な言葉である。東急リバブル東急不動産は卑しい。根っからの悪人である。東急リバブル東急不動産の思考法は結論が先に存在し、それに合わせて都合のよいデータだけを取り出していく。
東急ハンズ心斎橋店過労死について、人の心を痛めつけて何とも思わない人が多すぎると批判された。そのような人々が濃縮された会社とする。俺が俺がと自己主張ばかり、人への配慮のない自己中心主義者ばかりである。過労死は偶然ではない、必然であると主張する。
ブラック社員にとって部下は玩具である。ひま潰しに虐める慰みものである。人事はまともな判断ができない。人殺しを優先する会社はブラック企業である。自分達で望んでブラック企業にしたのだから、世間からブラック企業と言われることは当然である。それとも「人を大切にする会社です」と罰当たりなことを言いたいか。東急不動産だまし売りと同じ欺瞞である。


あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
林田力・東急不動産だまし売り裁判
    コメント(0)