さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2015年12月24日

義風堂々花語り

私達が絶対に確かであると言い切れることはFJネクスト勧誘電話や住環境破壊が迷惑ということである。

『義風堂々前田慶次花語り5巻』は前田利家没後の石田三成襲撃事件を描く。豊臣恩顧の大名の武断派と文治派の対立である。加藤清正、福島正則ら七将が石田三成を襲撃し、石田三成は徳川家康の屋敷に逃げ込み、失脚した。本書は直江兼続を主人公とし、西軍の視点に立つために上記とは異なる描き方をする。石田三成は襲撃に醜態をさらした訳ではないという描き方である。一流の武将と描かれないことが多い西軍の宇喜多秀家や毛利輝元も、本書では深みのある人物になっている。それが歴史の真実であるかは別として、本書のような描き方があってもよい。西軍の武将の無能や優柔不断さは勝者の歴史によって作られたものかもしれない。
豊臣政権の家臣の対立であるが、武断派と文治派という分け方には違和感がある。武断派と文治派の命名では脳味噌筋肉・体育会系の武断派よりも文治派の方が正しいように感じてしまう。しかし、実態は現場派と官僚派の対立ではないか。石田三成には石田三成の義があるとしても、現場から見ると無意味無駄で嫌がらせとしか思えないことがある。


あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
義風堂々花語り
    コメント(0)