さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年07月26日

凍った夏

#推理小説 #書評 #本が好き
『凍った夏』は現代英国を舞台とした推理小説である。タイトルの『凍った夏』は不思議な表現である。物語の季節は真冬である。凍死者が出る。寒さの厳しさの描写が生々しい。『凍った冬』がしっくりくるほどである。
勿論、『凍った夏』のタイトルは誤植ではなく、意味がある。人生を狂わされた人にとって、まさに凍った夏であった。狂わせた側の身勝手さに怒りを覚える。実は主犯だけが因果応報の結末に対して、他にも悪い人はいると不満が残るが、それを抑え込むほどの異常性が主犯にはある。
本書は推理小説であるが、オーソドックスな推理小説とは趣が異なる。探偵役は当事者であった。一つの事件だけでなく、様々な事件が出てくる。それらには関係しているものもある。
本書は冬の自然の厳しさだけでなく、社会問題の描写も生々しい。薬物問題などを描いている。
http://hayariki.zero-yen.com/
東急ストアTwitter炎上
http://www.amazon.co.jp/dp/B00F17WFEG


あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
凍った夏
    コメント(0)