さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年10月30日

ナルト13巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』13巻は中忍選抜試験の第三の試験の本選である。奈良シカマルとテマリの対決は意外な決着であったが、好意的に評価された。忍者は戦いに勝つことが目的ではなく、任務を達成することが目的である。だから逃げること、生き延びることが大切なこともある。この価値観からすると、大蛇丸と対峙して生きて戻ったことを後悔する、みたらしアンコは問題である。情報を伝えることも大事な仕事である。初登場時はインパクトのあったアンコであるが、その後は平凡化して面白くない。
春野サクラが幻術に抵抗力を見せた。これは驚きである。サクラはアカデミー卒業後の下忍試験で、はたけカカシの幻術に簡単にひっかかった。この描写からすると幻術に弱いキャラというイメージを持ちたくなる。ところが、ここでは逆で失敗経験から幻術への抵抗を学んだことになっている。


あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ナルト13巻
    コメント(0)