さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年11月11日

ナルト16巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』16巻は木の葉崩しが終結する。結果から見ると大蛇丸は木の葉を甘く見ていたことになる。これは現状認識の甘さか想定外か。まずガアラの戦線離脱が痛かった。これは大蛇丸にはコントロールできない事情であるが、そこに頼らなければならない計画であるならば、そこに依存することは仕方がないことになる。対火影では初代火影と二代目火影を転生させ、必勝の戦力を用意した。
第一話のナルトの扱いでも感じたが、木の葉隠れの里は人材の活用が下手である。大蛇丸は仕方ないとしても、伝説の三忍を輩出しながら、誰一人活用できていない。もっとも伝説の三忍を活用していたら、木の葉隠れの里が超大国になってしまうかもしれない。活用できていない方が勢力均衡になるかもしれない。


あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ナルト16巻
    コメント(0)