さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年02月18日

荒神

宮部みゆき『荒神』は元禄年間の東北を舞台とした怪獣物である。NHKが内田有紀主演でドラマを放送した。怪物によって村が壊滅した。
平和な時代に怪物が襲ってくる展開はゴジラを連想する。最初は正体不明であること、会議のシーンが多いことは『シン・ゴジラ』と重なる。しかし、人間が総力を挙げて怪物と対峙する『シン・ゴジラ』と比べると、本書は本当に恐ろしいものは人間というホラー作品の王道に沿っている。ホラー作品では足を引っ張る人間が出るし、怪物を助ける人間が出ることさえある。
『シン・ゴジラ』のように国の総力を挙げて怪物に対峙する展開は理想的というよりも都合の良いものではないか。人間ドラマを薄くした『シン・ゴジラ』にリアリティーを感じる日本人が多かったが、逆に個々人の多様性を踏まえれば現実離れしていないか。『シン・ゴジラ』絶賛を見ると日本人は本質的に計画経済のようなものが好きなのではないかと感じてしまう。
それに比べると、本書は個のドラマである。現代を舞台とした作品よりも江戸時代を舞台とした作品に生々しい個を感じる。


あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
荒神
    コメント(0)